星野厩舎 重賞Vの好機到来

公開日: 更新日:

キングハート(函館スプリントS)星野調教助手が怪気炎

 函館スプリントSにキングハートを送り込む美浦・星野厩舎。12年の日経賞=ネコパンチ以来、久々に重賞制覇のチャンスが訪れた。

「ウチで最初から育ててオープン馬になり、重賞を意識できるまでに成長したのはヤマニンアラバスタ(05年府中牝馬S、新潟記念勝ち)くらい。ネコパンチやグランデスバルは転厩馬だしね。もちろん、任せていただいたのは本当にありがたいけど、やっぱり思い入れが強い。おかげで、今は厩舎の雰囲気も良くなってるよ」

 星野助手が感慨深げにこう話す。

 4歳馬でクラス再編成による降級が迫っていたが、前走の鞍馬Sでは好位から鮮やかに抜け出してV。賞金を加算してオープンクラスに踏みとどまった。

「2走前の春雷Sはスムーズさを欠いてたんで、まともならやれることが証明できた。勝てる時に勝っておかないと、いつリズムを崩してダメになるか分からないから」

 その後は函館開幕を照準に合わせてきた。

「美浦でやれるだけのことはやったんで、あとの調整は中谷に全て任せるだけ。正直、相手はセイウンコウセイだけだと思ってるよ。準オープン時代に渡月橋Sで戦ってるけど、向こうは楽逃げでこっちは途中から前を捕まえに動いた。少し力差は詰まってるはずだし、負けるならあの馬だけという気持ちだよ」と気合十分である。

〈4302〉という驚異的な成績を残す主戦に手が戻り、ムードは一層高まっている。

 東京では日曜に新馬2頭がスタンバイ。5R(芝千六)と6R(芝千四)で使い分ける。中でもトニーファイブは「仕上がり早のタイプ。動きもいいんで、落ち着いて臨めれば」と色気ありだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 5

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  6. 6

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  7. 7

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る