星野厩舎 重賞Vの好機到来

公開日:

キングハート(函館スプリントS)星野調教助手が怪気炎

 函館スプリントSにキングハートを送り込む美浦・星野厩舎。12年の日経賞=ネコパンチ以来、久々に重賞制覇のチャンスが訪れた。

「ウチで最初から育ててオープン馬になり、重賞を意識できるまでに成長したのはヤマニンアラバスタ(05年府中牝馬S、新潟記念勝ち)くらい。ネコパンチやグランデスバルは転厩馬だしね。もちろん、任せていただいたのは本当にありがたいけど、やっぱり思い入れが強い。おかげで、今は厩舎の雰囲気も良くなってるよ」

 星野助手が感慨深げにこう話す。

 4歳馬でクラス再編成による降級が迫っていたが、前走の鞍馬Sでは好位から鮮やかに抜け出してV。賞金を加算してオープンクラスに踏みとどまった。

「2走前の春雷Sはスムーズさを欠いてたんで、まともならやれることが証明できた。勝てる時に勝っておかないと、いつリズムを崩してダメになるか分からないから」

 その後は函館開幕を照準に合わせてきた。

「美浦でやれるだけのことはやったんで、あとの調整は中谷に全て任せるだけ。正直、相手はセイウンコウセイだけだと思ってるよ。準オープン時代に渡月橋Sで戦ってるけど、向こうは楽逃げでこっちは途中から前を捕まえに動いた。少し力差は詰まってるはずだし、負けるならあの馬だけという気持ちだよ」と気合十分である。

〈4302〉という驚異的な成績を残す主戦に手が戻り、ムードは一層高まっている。

 東京では日曜に新馬2頭がスタンバイ。5R(芝千六)と6R(芝千四)で使い分ける。中でもトニーファイブは「仕上がり早のタイプ。動きもいいんで、落ち着いて臨めれば」と色気ありだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る