【ユニコーンS】サンライズノヴァ突き抜けた

公開日: 更新日:

展開の読みがズバリ

 東京のGⅢユニコーンSは戸崎サンライズノヴァが差し切り。②着に4馬身差をつける快勝で重賞初制覇を決めた。

 さすが、戸崎といったところか。

 レースはいったんハナに立ったテイエムヒッタマゲの内から、“何がなんでも”の構えでシゲルコングが主張。前半3~5F34秒1―46秒4―59秒2のハイペースで展開した。

 この流れを1番人気リエノテソーロ、3番人気サンライズソアといったライバルは好位から正攻法の競馬。対して、サンライズノヴァは中団より後ろでじっくり構えて、末脚勝負にかける形に。

 直線を向いて前を追い掛けたクチが伸びあぐねる中、大外に持ち出すと強烈な末脚を披露。上がり3F35秒4で一気に突き抜けた。

 今回が昨秋のデビュー戦以来となる騎乗だった戸崎。それでいて、パートナーの能力と展開を的確に噛み合わせて、メンバー中、唯一となる上がり35秒台の決め手を引き出したのだから、大したもの。

 きのうはこの勝利が実に5勝目。固め打ち&重賞Vで存在感をアピールした。

 昨年の夏は7月3日のラジオNIKKEI賞から9月18日のセントライト記念まで、JRA新記録となる10戦連続重賞連対を達成。サマージョッキーズシリーズも制した“夏男”が、いよいよエンジン全開か。

土曜はウチパク、日曜は戸崎

 なお、先週は土曜も内田がメーンのジューンS勝ちを含む5勝。大井出身の先輩、後輩が土、日で大暴れだった。

 デム・ルメに負けじと好騎乗を連発する大井コンビが、夏競馬を盛り上げてくれそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る