【ユニコーンS】レース後の談話

公開日:

①着サンライズノヴァ(戸崎騎手) 少しゲートでガタついて、スタートが遅れましたが、行く馬がいたのでいい位置が取れました。直線に入る前くらいから、外をゆったりと進出。跳びが大きいのでエンジンがかかってからは長くいい脚を使ってくれました。追うごとに伸びるいい走り。力が違っていましたね。

②着ハルクンノテソーロ(田辺騎手) 前走(青竜S②着)もいいレースしてた馬ですからね。ゲートでモゾモゾしていた分、スタートはもうひとつでしたが、その後はスムーズに乗れたし、しまいもいい伸びでしたよ。きょうは勝った馬が強かったですね。

③着サンライズソア(岩崎騎手) 外枠は良かったし、雨で湿った馬場もこの馬にはプラスでしたね。先行勢が飛ばしてその後ろ。いいポジションで運べましたよ。直線は自信を持って追い出したんですが……。まだ成長途上の馬ですし、これがいい経験になると思います。

④着サンオークランド(北村宏騎手) 流れに乗った競馬ができれば、と思ってたけど、後肢に緩さがあるんで芝スタートでは前と差がついてしまいますね。その後はしまい勝負に切り替え。最後までよく伸びてくれました。

⑤着タガノカトレア(菱田騎手) 前が飛ばしてくれたんで折り合えたし、かぶされることなくスムーズに運べました。力は出し切れましたよ。マイルもこなすことが分かったのは収穫でした。

⑦着同着リエノテソーロ(内田騎手) 砂をかぶったら、の不安もあったんで、ある程度前に出して行ったよ。ちょうどいいポジションだったと思うし、直線も余裕があったんだけど、追い出してからがそのままだった。前もかわせないんじゃね。

⑦着同着アンティノウス(ルメール騎手) きょうはリラックスしていなかったね。レースも行きたがっていたんで、その分、ラストは止まってしまったよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る