【土曜函館・大沼S】相性のいい地で再浮上を狙うジェベルムーサ

公開日:

 今週の函館メーンは土曜に組まれているダートのオープン・大沼S。8月に札幌で行われるGⅢエルムSのステップレースとして見逃せない一戦だ。

 出走予定馬は別掲の14頭。重賞勝ち馬あり、上がり馬ありと多士済々のメンバーだが、好相性の函館で復調のきっかけを掴もうと万全の態勢を整えてきたのがジェベルムーサだ。

 レース10日前の14日に放牧先から函館へ入厩。その時から体の張りがあり、落ち着きも十分。おかげで調整をスムーズに進めることができた。

 今週の追い切りはダートへ。押さえるのに苦労する行きっぷりで5F70秒2、1Fは12秒8。時計は平凡だが、むしろやり過ぎるよりはいいタイプ。フットワークは力強く、手綱を取った岩田は「以前に乗った時よりもデキは良さそうだね。完歩が大きく、行きっぷりも良かったよ」と。

 一昨年はこのレースを勝って、エルムSにも勝利。当時と同じ岩田を鞍上に迎え、その再現を狙っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る