【宝塚記念】サトノクラウン大阪杯⑥着から一変させたあえて〝攻めない〟選択

公開日:

 大金星を挙げたのはM・デムーロ鞍上の関東馬サトノクラウン。昨暮れの香港ヴァーズに続くGⅠ2勝目、国内では初のタイトルを掴んだ。

「香港で②着だった馬が先週のアスコットで勝ったので、ボクも自信が持てました。さすがGⅠ馬ですね」

 M・デムーロが引き合いに出したのが、21日に行われた英GⅠプリンスオブウェールズSでGⅠ6勝目を挙げたハイランドリール。“キングジョージ”やBCターフも制している強豪を香港ヴァーズで負かした実力は、やはり本物だった。

 しかし、精神面のもろさもあって、なかなか安定して結果を残せないのがサトノの泣きどころ。

 実際、前走の大阪杯では⑥着敗退。マイナス12キロと体を減らして、そのポテンシャルを発揮し切れなかった。

「大阪杯はいい状態で使えなかったので、リベンジと思ってスタッフ一同やってきました。結果が出て良かったです」

 このあたりは、さすが堀師の修正力といったところか。

 前走時は木曜追いで併せ先着だったのに対し、今回は水曜に単走で馬なり。心身ともにフレッシュさを保って本番を迎えるべく、控えめな調整に徹してきた。

 大一番を前にして、あえて“攻めない”手を選択できる点が凄い。

 他にも輸送や出張馬房など、細かいところまで工夫をこらしてきた。それが見事に実を結び、状態面は一変。馬体重もプラス10キロと回復して、伸びあぐねる王者キタサンの外から力強く抜け出してきた。

 名伯楽が手掛ける新王者誕生で、今後の古馬GⅠ戦線もますます盛り上がりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る