【パラダイスS】ウインガニオン逃げ切ってオープン2連勝

公開日:

レース後の談話

①着ウインガニオン(津村騎手) 1番のノットフォーマルの出方が気になっていたけど、行けたら行くつもりでした。うまくマイペースで運べましたね。きょうのような馬場も合っているし、以前乗った時よりも精神的にも成長しているように感じました。よく頑張ってくれました。

②着グランシルク(戸崎騎手) うまくいったと思いましたが、勝った馬はそれ以上にうまくいってましたから。この馬自身、ラストまでしっかり伸びてくれましたよ。

③着アルマワイオリ(石橋騎手) スタートをポンと出たんで無理に押さえず2番手に。そこでうまくなだめて運べたのが大きかったですね。これくらい走って不思議ない馬なんですよ。

⑤着ロードクエスト(池添騎手) テンに行けないし、押して行くと掛かるんで、急がすこともできないタイプ。スローの上がり勝負で前が残る展開は厳しかったです。ラストはいい脚使ってくれたんですが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る