武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

恒例企画 武田記者が夏競馬の攻略法を伝授

公開日:

函館競馬のポイントは前走時の○○だ

 今週から本場の舞台が福島、中京に移動。本格的な夏競馬の始まりだ。

 そこで今年も毎週木曜発行で武田記者の「夏期集中 馬券ゼミ」を開講。夏ローカルでも必ず馬券と戦うコアなファンのために、その週末はもちろんのこと、先々まで必ず役に立つ馬券のポイントを伝授していく。

 福島、函館より2週間早く函館競馬が開幕するのは例年通り。だが、今年は例年より芝丈が短く、異常とも思えるほどの高速馬場でスタートした。

 このように、開幕週は事前に傾向を読むのが非常に難しい。そこで、福島、中京はまず1週間の競馬をじっくりと観察してから。初回は函館競馬を取り上げる。

 函館は3週目にもなると、準オープン以上の上級条件と新馬を除き、「前走函館組」が出走馬の6~7割を占める。

 もちろん、他場からの転戦組もソコソコ馬券になっているが、ここで注目するのは早くから函館で使っていた馬。中でも前回、不利な外枠を引いて力を出し切れなかった馬である。

顕著なのは芝千二、二千

 例えば、芝千二。開幕週には7鞍組まれていたが、12番から外は〈00123〉。前が止まらない超高速馬場とあって、外からの差しはほぼ不発だった。

 この中から次走で馬券になると思う馬をピックアップしていこう。

 初日1R3歳未勝利、牝馬限定で④着のミラドールは14番枠。いいスタートを切ったが、内に入れられる場面がなく、終始、外、外を回って0秒5差だった。その前は③②③着の実績があり、今度あたりは勝ち上がるのではないか。次走は来週以降の予定。

 同じく初日メーンのHTB杯で⑩着だったクードラパンも14番。3カ月半ぶりとあって、自己の持ち時計を更新しても0秒6差が精いっぱいだった。

 もともと2歳時には未勝利↓サフラン賞を連勝したほどの馬で、昨夏は札幌で一千万勝ち。洋芝が苦手なわけではない。ダイワメジャー産駒らしく、少し時計がかかる馬場で台頭するはず。こちらは今週の日曜12R道新スポーツ杯に出走する。

 続いては芝二千から。こちらは今年、11番から外が〈01114〉。②着だった初日6R3歳未勝利のシンデン(12番)は先週、連闘で4日目の二千に出走し、また②着。それほど力がある馬でないと克服は難しい。

 先週の湯川特別で14頭立ての大外枠から⑫着に敗れたホウオウドリームが次の狙い目。未勝利を勝ったばかりの3歳馬だが、母メジロドーベルという血統からか1番人気に。ただ、テン乗りの若手・坂井が枠を意識するあまり、前半に出していって1コーナーまで折り合いを欠いてしまった。さらに4コーナーでは少し膨れる場面も。

 そこで陣営は今週、日曜9R3歳上五百万、芝二千六百に連闘。鞍上はルメールにスイッチしてくる。これは何としてでも勝ちたい陣営の意欲に違いない。

 ついでに付け加えておくと、函館芝二千で16番枠からは資料を何年さかのぼっても、いまだに勝ち馬がゼロである。

 かなり枠に左右されるのが函館競馬。前回、不利な枠でどういう競馬をしたかを覚えておけば、必ず次につながる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る