【ラジオNIKKEI賞】レース後の談話

公開日:

①着セダブリランテス(石川騎手) 大型馬でも器用さがあるので、自信を持って乗りました。3~4コーナーでしぶいところがあったけど、促せば問題なかった。ペースが流れてくれたからよかったです。無敗だし、今後も馬とともに頑張っていければ。

②着ウインガナドル(津村騎手) いい感じで逃げられました。以前乗った時よりパワーアップしていたし、落ち着きもありました。すごく良くなっていましたよ。直線は何とか振り切れるかと思ったけど、勝った馬が強すぎたですね。

③着ロードリベラル(吉田隼騎手) スタートは出ましたが、前走は馬混みに入れて掛かったんでプレッシャーのない位置からに。いいタイミングで仕掛けていけたんですけどねえ。逃げ馬②着で3番手が①着ですからね。もう少し流れてくれればハマッたのに。

④着クリアザトラック(北村宏騎手) 2ターンの小回りが初めてだったせいか、1角からはかなり力みましたね。何とかなだめることはできたけど、今度は逆に勝負どころでの加速に苦労する形に。リズムを崩しながらも最後まで伸びていたように、ポテンシャルがあります。

⑥着サトノクロニクル(川田騎手) 重賞を勝っていない馬に57キロはあまりにも重いですよね。ここ数年、トップハンデの馬は結果を出せていないのだから、いい加減考えてもらいたいです。

⑪着ライジングリーズン(丸田騎手) ハナに行っちゃいそうなくらいでしたからね。スタートを出すぎたせいもあって、前、前の位置でかなり(気持ちが)燃えてました。初距離もあってしまいはバッタリでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  10. 10

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

もっと見る