【CBC賞】レース後の談話

公開日:

①着シャイニングレイ(北村友騎手) スタートがあまり良くなかったので後ろからの競馬に。でも、スピードがある馬なので行きたがるなとは思ってました。想像通りで3角からはそんな面を見せたけど、直線は頑張って凄い脚を使ってくれた。馬に感謝です。

高野調教師 前走よりエネルギーの使い方が上手になってたのが収穫。それにしてもポテンシャルの高さはあらためて凄いなと。今後は脚元を確認して放牧へ。直近のスプリントシリーズに使うことはないと思います。

②着セカンドテーブル(水口騎手) 休み明け3走目で状態は良くなってました。こんな馬場は合うと思ってたし、スタートも良くて2、3番手で勝った時の競馬もできたんですが……。この着差。とにかく悔しい。

③着アクティブミノル(酒井騎手) ハナを主張しようと出ムチを入れて気合をつけたんだ。それでもガチッとハミと噛むことなく、うまく息を入れて走ってくれた。ブリンカーがいい方に働いてくれたし、この競馬がきっかけになってほしい。

④着ティーハーフ(国分優騎手) 道悪は得意なので、道中は内をロスなく回ってこようと。思った通りの競馬ができたけど、最後はハンデ差の分じゃないかな。

⑤着スノードラゴン(大野騎手) 返し馬の時に状態の良さは伝わってきました。直前の雨もこの馬には味方したし、しまいは長く脚を使ってると思います。

⑧着トーセンデューク(武豊騎手) しまいは来てるんだけどねえ。やっぱり、もう少し距離はあった方がいいと思う。

⑩着メラグラーナ(戸崎騎手) こんな馬場はどうかだし、直線ではぶつかったりもした。それにしても思ったほど伸びてくれなかった。

⑪着エイシンスパルタン(藤岡佑騎手) いいスタートを切った外の馬に前に入られたからね。今までと違う競馬をしたけど、結果的に控えたのが裏目に出てしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る