• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【七夕賞】ゼーヴィント差し切り

宣言通り夏は戸崎の独り舞台。乗り続けた馬でこの秋GⅠ戦線へ

 梅雨は明けてないが、宣言通り、この男の季節が到来――。そう言い切っていいほどの夏男ぶりを発揮した。

 先週の戸崎は15鞍の騎乗で〈9213〉の大暴れ。本紙で特集を組んだ週中の木曜発行紙面では「ジメジメした天気よりカラッとして暑い方が調子がいいんですよね」と伝えていた。競馬開催時の福島の気温は35・3度、36・6度と今年最高をマーク。湿度は37%と低く、夏男が求める最高の気象条件だった。

 内訳も逃げ、先行、差し、まくりと多彩なレース運びで次々と勝利を重ねたが、極め付きはGⅢ七夕賞だろう。

 1番人気ゼーヴィントに騎乗して、前半から息の入らない激流。そして勝負どころで早めに動いて行く馬がいる中、慌てず騒がずの冷静な手綱さばきできっちり差し切り勝利を収めるのだから“さすが”である。

 3週前に指定席である全国リーディングトップに立つと、そこから8↓4↓9勝と一気に21勝を重ねて、現在は95勝。年間187勝を記録した昨年は7月9日に100勝を達成している。今年もそれに匹敵する勢いだ。

 以前、「勝てる時に勝っておかないと。秋はムーアとか外国人が短期免許で来日するので」と話しており、ルメールやM・デムーロらの強力ライバルたちに、夏のうちにセーフティーリードをつけたいところだ。

 また、かねて本人も口にしていたのが、不動の代表馬の存在があまりいないこと。ここまではGⅠ3勝のストレイトガールがいるくらい。馬が若い段階から騎乗を続け、競馬を教えて大舞台へ挑戦する相棒を求めていた。今回の勝利でこのゼーヴィントが初めて該当しそうだ。

 早い時点で高い能力を見抜き、「GⅠを意識」していたのだから、この秋にはそれが現実になるかもしれない。

 いずれにしても、この勝利は人馬ともに飛躍の足がかりになるのは間違いなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る