【七夕賞】ゼーヴィント差し切り

公開日: 更新日:

宣言通り夏は戸崎の独り舞台。乗り続けた馬でこの秋GⅠ戦線へ

 梅雨は明けてないが、宣言通り、この男の季節が到来――。そう言い切っていいほどの夏男ぶりを発揮した。

 先週の戸崎は15鞍の騎乗で〈9213〉の大暴れ。本紙で特集を組んだ週中の木曜発行紙面では「ジメジメした天気よりカラッとして暑い方が調子がいいんですよね」と伝えていた。競馬開催時の福島の気温は35・3度、36・6度と今年最高をマーク。湿度は37%と低く、夏男が求める最高の気象条件だった。

 内訳も逃げ、先行、差し、まくりと多彩なレース運びで次々と勝利を重ねたが、極め付きはGⅢ七夕賞だろう。

 1番人気ゼーヴィントに騎乗して、前半から息の入らない激流。そして勝負どころで早めに動いて行く馬がいる中、慌てず騒がずの冷静な手綱さばきできっちり差し切り勝利を収めるのだから“さすが”である。

 3週前に指定席である全国リーディングトップに立つと、そこから8↓4↓9勝と一気に21勝を重ねて、現在は95勝。年間187勝を記録した昨年は7月9日に100勝を達成している。今年もそれに匹敵する勢いだ。

 以前、「勝てる時に勝っておかないと。秋はムーアとか外国人が短期免許で来日するので」と話しており、ルメールやM・デムーロらの強力ライバルたちに、夏のうちにセーフティーリードをつけたいところだ。

 また、かねて本人も口にしていたのが、不動の代表馬の存在があまりいないこと。ここまではGⅠ3勝のストレイトガールがいるくらい。馬が若い段階から騎乗を続け、競馬を教えて大舞台へ挑戦する相棒を求めていた。今回の勝利でこのゼーヴィントが初めて該当しそうだ。

 早い時点で高い能力を見抜き、「GⅠを意識」していたのだから、この秋にはそれが現実になるかもしれない。

 いずれにしても、この勝利は人馬ともに飛躍の足がかりになるのは間違いなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  4. 4

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  5. 5

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  6. 6

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  9. 9

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  10. 10

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る