【プロキオンS】キングズガード悩ましい路線選択

公開日:

 中京のプロキオンSを勝ったのはキングズガードだった。

「強かったですね」

 手綱を取った藤岡佑がそう語ったように、鮮やかな差し切り勝ちだった。

 7枠12番スタートも道中は内へ。そこでうまく脚がたまった分、直線は切れた。先に抜け出した③着ブライトラインを追って最後は楽に抜け出してみせた。

「勝ち切れないことも多かったですが、ポテンシャルは高い馬ですから」

 前2走は連続②着と惜敗。だが、今回はその鬱憤を晴らすような快勝で、昨年開業の寺島師とともに人馬ともうれしい初重賞Vになった。

 ただ、これで陣営には悩ましい問題も。それがこれからの路線選択だ。

 この勝利でダート千四は〈8752〉。まさに、この距離のスペシャリストと言っていい。対してマイル戦は3戦連対なし。千八も2年前の1走しか経験がない。

 ダート千四のオープン特別なら数はあるが、重賞を勝ったことで、この先は酷量との戦いに。ダートの重賞は短距離がもともと少なく、千四はプロキオンSと1月の根岸Sと1年に2鞍しかない。

 ベストの距離を求めて、この後は「サマーチャンピオンへ」と寺島師。次走は8月16日の佐賀競馬になる見込み。そこを勝ったとしても、秋はどうするのか。交流GⅠのJBCスプリントは昨年が川崎開催のため千四だったが、今年は大井競馬での施行で千二になる。

 一方、JRAでは武蔵野Sあたりがターゲットになるだろう。ただし、舞台は前記した実績に乏しいマイル戦だ。1F延長をこなすくらいここからさらにパワーアップすれば、来年のフェブラリーSも見えてくるが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

  9. 9

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る