• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【プロキオンS】レース後の談話

①着キングズガード(藤岡佑騎手) 流れが落ち着くと思っていたし、外を回していたら届かない。先生とも「内に潜り込んで」という話を。ロスなく立ち回れて脚がたまり、スペースがあいてからはいつもの脚を使ってくれました。これまで左回りはもうひとつなところもありましたが、厩舎がいろいろな工夫をしてくれていましたし、それを結果で証明ができました。

②着カフジテイク(福永騎手) 今までできなかったことができた一戦になりました。スタートから行き脚をつけて行って内をさばきながら動けました。こういった競馬だとこれまでのような脚は使えないし、少し鈍りますが、特定の条件にとらわれることはなくなる。収穫のあるレースができたと思います。

③着ブライトライン(川田騎手) 久しぶりに他馬と同じ56キロで走れました。3角で馬がその気になったので、少しずつ動いて行かせました。8歳馬ですが、最後までよく頑張ってくれました。

④着ゴーインググレート(和田騎手) いいとこにハマって競馬ができたね。砂をかぶると良くないし、ひるむところもあった。ここらが改善してくるともっと安定するんだろうけど。

⑤着メイショウウタゲ(松山騎手) もう少し流れに乗せていきたかったんですけど、前半が少し忙しい感じがしました。

⑧着イーデンホール(M・デムーロ騎手) きょうはいつもよりおとなしかった。ガツンとくるところがなかったです。

⑫着アキトクレッセント(荻野極騎手) 思いのほか走れませんでした。具合は良く感じていたんですけど、スタートから行けなくて……。どこかで息を入れたかったんですが、ハミが抜けなくて最後はバタバタになってしまいました。

⑭着ベストマッチョ(幸騎手) この馬の競馬をさせてやれませんでした。もまれてしまって、外を気にしながら走っていました。ベストは逃げるか、外めを追走する形でしょうね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る