【プロキオンS】レース後の談話

公開日:

①着キングズガード(藤岡佑騎手) 流れが落ち着くと思っていたし、外を回していたら届かない。先生とも「内に潜り込んで」という話を。ロスなく立ち回れて脚がたまり、スペースがあいてからはいつもの脚を使ってくれました。これまで左回りはもうひとつなところもありましたが、厩舎がいろいろな工夫をしてくれていましたし、それを結果で証明ができました。

②着カフジテイク(福永騎手) 今までできなかったことができた一戦になりました。スタートから行き脚をつけて行って内をさばきながら動けました。こういった競馬だとこれまでのような脚は使えないし、少し鈍りますが、特定の条件にとらわれることはなくなる。収穫のあるレースができたと思います。

③着ブライトライン(川田騎手) 久しぶりに他馬と同じ56キロで走れました。3角で馬がその気になったので、少しずつ動いて行かせました。8歳馬ですが、最後までよく頑張ってくれました。

④着ゴーインググレート(和田騎手) いいとこにハマって競馬ができたね。砂をかぶると良くないし、ひるむところもあった。ここらが改善してくるともっと安定するんだろうけど。

⑤着メイショウウタゲ(松山騎手) もう少し流れに乗せていきたかったんですけど、前半が少し忙しい感じがしました。

⑧着イーデンホール(M・デムーロ騎手) きょうはいつもよりおとなしかった。ガツンとくるところがなかったです。

⑫着アキトクレッセント(荻野極騎手) 思いのほか走れませんでした。具合は良く感じていたんですけど、スタートから行けなくて……。どこかで息を入れたかったんですが、ハミが抜けなくて最後はバタバタになってしまいました。

⑭着ベストマッチョ(幸騎手) この馬の競馬をさせてやれませんでした。もまれてしまって、外を気にしながら走っていました。ベストは逃げるか、外めを追走する形でしょうね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る