【中京記念】絶好スタートウインガニオン

公開日: 更新日:

夏男がシリーズ制覇へ

 中京で行われた「サマーマイルシリーズ」の初戦、GⅢ中京記念はウインガニオンが制した。

 重賞初制覇とは思えないほどの完勝だった。

 ②着グランシルク、③着ブラックムーンの1、2番人気コンビが頭差で競り合うのを尻目に2馬身半差。走破時計も1分33秒2と、シリーズ対象レースになって以降で最速だから大したもの。

 この快走劇は何といっても連日の猛暑が味方したことが大きい。

 とにかく、同馬は夏に強い。先週火曜発行の本紙でも詳報していたが、一昨年は6~7月に2連勝。4歳時の昨年は3連勝を決めて、中京記念前までの6~8月のトータル成績はなんと〈6001〉。暑くなればなるほど、成績を上げるタイプだった。

 これは馬体重にも表れている。

 暑い時季でも中間に3本の追い切りを消化。レース当週もきっちり時計を出しながらも、プラス4キロの494キロ。これはは同馬にとっては自己最高タイだったように、暑さでヘバったところは一切見られなかった。

暑さへの耐久力がある馬は例年以上に狙い目

 夏の始まりが早く、猛暑が続く今年。馬体重を増やしてくるような暑さに耐久性のある夏馬が、例年以上に狙い目になってくるのかも。

 ともあれ、そのウインガニオンは関屋記念へ向かうことが陣営からアナウンスされた。舞台は新潟に替われど、夏のマイル、左回りというのは一緒。合計3戦で行われるサマーマイルシリーズはひとつ勝てば大きく前進する。

 夏男がシリーズチャンピオンへ向けて、絶好のスタートを切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  2. 2

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  3. 3

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  4. 4

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  10. 10

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る