【中京記念】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着ウインガニオン(津村騎手) ハナと思っていたんですが、ゲートを出てから、クビを振りスピードの乗りが良くなくて。ただ、番手でも落ち着いて乗れましたね。前のレースを見て一か八かでラチ沿いギリギリへ。さすがに最後の100メートルは脚が上がりましたが、根性がある馬で頑張ってくれました。思った以上に力をつけているから、まだまだ楽しみです。

西園調教師 前回、左に行く面があったので、乗り役とは「内ぴったりを回ってこよう」と。いい形でラチを頼って走らせられた。最後に突き放したから、ホンマもんになってきた。もう関屋記念に行くしかないね。

②着グランシルク(福永騎手) 内で残られたからね。これまでなら届くんだけどなあ。雨自体は問題ない馬だけど、馬場の内めを通って、あれだけの時計で走られたらね。うまく直線に向けたし、脚は使ってくれているんだけど。

③着ブラックムーン(M
・デムーロ騎手) 最初に進んで行かなかった。手前も替えなくて、直線もすごく伸びてくれた前走ほどじゃなかった。ジリジリでした。馬場が悪いのを気にしている感じでした。

④着アスカビレン(松山騎手) スタートも良くて、出たなりで流れに乗れました。しっかり伸びてくれてますよ。この馬場も大丈夫でした。

⑤着ダノンリバティ(松若騎手) テンが速くて置かれ気味でしたが、この馬のリズムで運べました。最後もしっかり伸びてくれています。ただ、内が残る馬場で。これを使って昨年同様(関屋記念②着)良くなってくれると思います。

⑯着マイネルアウラート(川田騎手) 4、5番手から馬場を選んで乗ってほしい、との指示通りの競馬はできました。ただ、直線を向いて苦しくなってしまいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る