【函館2歳S】カシアス世代初重賞V

公開日:

「非常に奥がある感じ」(浜中騎手)

 今年初の2歳重賞、函館2歳Sはキンシャサノキセキ産駒のカシアスが差し切りVを決めた。

 デビュー戦は逃げてゴール前でかわされての②着。2戦目の前走では好位からの競馬をさせて結果を出したことが、今回につながったのだろう。

 好スタートを切ったものの、控えて道中は中団から。4コーナー手前から徐々にポジションを上げていき、外から脚を伸ばしてきた。

 直線で2番手から先に抜け出したのがウインジェルベーラ。落馬負傷した松岡の代打を任された丹内が、必死に追って粘り込みを図る。これをゴール前できっちり頭差とらえ、世代初の重賞ウイナーとなった。

 単なる早熟のスピード馬ではないレースぶりには、浜中も「非常に奥がある感じ」と。

 今後も目が離せない存在になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る