【函館2歳S】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着カシアス(浜中騎手) 中2週でも気配は良かったですよ。いい状態で本番を迎えることができました。レースは先行集団を見ながら中団から。手応えがすごく良かったので、直線に向いたときは前は全部かわしてくれるだろうと思いました。最後、②着馬がしぶとかったのでヒヤッとしましたけど、何とか頑張ってくれました。非常に奥がある感じ。先々まで楽しみです。

②着ウインジェルベーラ(丹内騎手) 中団ぐらいから、と考えていたのですが、スタートもスピードの乗りも良かったのであの位置から。直線ではステッキに反応して尻尾を振ったりしていましたが、ブレーキをかけたわけではない。最後まで頑張ってくれましたよ。

③着アリア(丸山騎手) 3コーナーでの反応が少し鈍かったし、直線でもモタつくところがありました。でも、あのぐらいの方が先々は伸びしろがあると思います。距離ももう少し欲しいですしね。力強いフットワークなので、ダートも合いそうですよ。

④着デルマキセキ(藤岡康騎手) 道中は内、内をロスなく走れたんですが、他馬を気にするところがありましたね。2戦目でテンションもちょっと高かった。でも、そのあたりは経験を積んでくれば大丈夫でしょう。

⑤着パッセ(岩部騎手) 乗り方は特に決めてませんでしたが、スタートが速かったのでハナへ。道中は息を入れられて、最後まで止まっていないんですけどねえ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  10. 10

    特攻兵士が残した「全体主義の国家は必ず敗れ去ります」の言葉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る