【函館2歳S】レース後の談話

公開日:

①着カシアス(浜中騎手) 中2週でも気配は良かったですよ。いい状態で本番を迎えることができました。レースは先行集団を見ながら中団から。手応えがすごく良かったので、直線に向いたときは前は全部かわしてくれるだろうと思いました。最後、②着馬がしぶとかったのでヒヤッとしましたけど、何とか頑張ってくれました。非常に奥がある感じ。先々まで楽しみです。

②着ウインジェルベーラ(丹内騎手) 中団ぐらいから、と考えていたのですが、スタートもスピードの乗りも良かったのであの位置から。直線ではステッキに反応して尻尾を振ったりしていましたが、ブレーキをかけたわけではない。最後まで頑張ってくれましたよ。

③着アリア(丸山騎手) 3コーナーでの反応が少し鈍かったし、直線でもモタつくところがありました。でも、あのぐらいの方が先々は伸びしろがあると思います。距離ももう少し欲しいですしね。力強いフットワークなので、ダートも合いそうですよ。

④着デルマキセキ(藤岡康騎手) 道中は内、内をロスなく走れたんですが、他馬を気にするところがありましたね。2戦目でテンションもちょっと高かった。でも、そのあたりは経験を積んでくれば大丈夫でしょう。

⑤着パッセ(岩部騎手) 乗り方は特に決めてませんでしたが、スタートが速かったのでハナへ。道中は息を入れられて、最後まで止まっていないんですけどねえ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る