• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【函館2歳S】レース後の談話

①着カシアス(浜中騎手) 中2週でも気配は良かったですよ。いい状態で本番を迎えることができました。レースは先行集団を見ながら中団から。手応えがすごく良かったので、直線に向いたときは前は全部かわしてくれるだろうと思いました。最後、②着馬がしぶとかったのでヒヤッとしましたけど、何とか頑張ってくれました。非常に奥がある感じ。先々まで楽しみです。

②着ウインジェルベーラ(丹内騎手) 中団ぐらいから、と考えていたのですが、スタートもスピードの乗りも良かったのであの位置から。直線ではステッキに反応して尻尾を振ったりしていましたが、ブレーキをかけたわけではない。最後まで頑張ってくれましたよ。

③着アリア(丸山騎手) 3コーナーでの反応が少し鈍かったし、直線でもモタつくところがありました。でも、あのぐらいの方が先々は伸びしろがあると思います。距離ももう少し欲しいですしね。力強いフットワークなので、ダートも合いそうですよ。

④着デルマキセキ(藤岡康騎手) 道中は内、内をロスなく走れたんですが、他馬を気にするところがありましたね。2戦目でテンションもちょっと高かった。でも、そのあたりは経験を積んでくれば大丈夫でしょう。

⑤着パッセ(岩部騎手) 乗り方は特に決めてませんでしたが、スタートが速かったのでハナへ。道中は息を入れられて、最後まで止まっていないんですけどねえ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

もっと見る