• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【函館2歳S】レース後の談話

①着カシアス(浜中騎手) 中2週でも気配は良かったですよ。いい状態で本番を迎えることができました。レースは先行集団を見ながら中団から。手応えがすごく良かったので、直線に向いたときは前は全部かわしてくれるだろうと思いました。最後、②着馬がしぶとかったのでヒヤッとしましたけど、何とか頑張ってくれました。非常に奥がある感じ。先々まで楽しみです。

②着ウインジェルベーラ(丹内騎手) 中団ぐらいから、と考えていたのですが、スタートもスピードの乗りも良かったのであの位置から。直線ではステッキに反応して尻尾を振ったりしていましたが、ブレーキをかけたわけではない。最後まで頑張ってくれましたよ。

③着アリア(丸山騎手) 3コーナーでの反応が少し鈍かったし、直線でもモタつくところがありました。でも、あのぐらいの方が先々は伸びしろがあると思います。距離ももう少し欲しいですしね。力強いフットワークなので、ダートも合いそうですよ。

④着デルマキセキ(藤岡康騎手) 道中は内、内をロスなく走れたんですが、他馬を気にするところがありましたね。2戦目でテンションもちょっと高かった。でも、そのあたりは経験を積んでくれば大丈夫でしょう。

⑤着パッセ(岩部騎手) 乗り方は特に決めてませんでしたが、スタートが速かったのでハナへ。道中は息を入れられて、最後まで止まっていないんですけどねえ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る