【クイーンS】レース後の談話

公開日:

①着アエロリット(横山典騎手) 凄くいい体になっていた。スタートが良く、いつも通り、馬の気分を損ねないように。やっぱりスピードがあるよね。52キロだったので、乗っていてさほど速くは感じなかった。それでも、最後までよく踏ん張ってくれた。秋もまた頑張って走ってほしい。

②着トーセンビクトリー(福永騎手) 勝てる手応えだったし、馬はよく走ってくれました。ただ、(他馬の)邪魔をしてしまい、申し訳ありませんでした。(8月13日まで騎乗停止処分となり)きれいに乗れなかった。

③着クインズミラーグロ(藤岡康騎手) どうしてもスタートが出たり、出なかったりするんですよね。練習はしているんですが、きょうもタイミングが合わずで。流れが向いて、よく伸びてくれてるんですが……。

④着クロコスミア(勝浦騎手) こういう形になるとは……。本当はハナに行くつもりだったんだけどね。それでも逃げがベストの中、粘りが増していた。前走のレコード勝ちはダテじゃなかったですね。

⑤着エテルナミノル(蛯名騎手) 頑張ってるんだけどな。うまく流れに乗って行けたし、内を狙ったんだけど、外を上がって行くしかなかった。

⑥着アドマイヤリード(ルメール騎手) 休み明けでしたからね。結果は残念でした。やっぱり、広い競馬場の方がいいですね。次は楽しみです。

⑦着マキシマムドパリ(藤岡佑騎手) 先行するイメージで、ゲートも出てます。ですが、左側2頭が速くて。初速で遅れてしまい、狙ったポジションが取れませんでした。最後は馬群を割ったけど、切れる脚はないので、ここまでが限界でした。

⑨着ヤマカツグレース(池添騎手) 好位で我慢していたし、レース運びは良かったです。4角で前を捕まえにいったんですが、もう脚を使えませんでした。

⑩着パールコード(川田騎手) 返し馬やゲート裏の雰囲気は凄くいいんですよ。でも、競馬ではどうしても走らなくなってしまっています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る