【アイビスSD】7歳ラインミーティア、42歳西田 超ベテランコンビG前強襲

公開日:

 新潟のGⅢアイビスサマーダッシュは、8番人気のラインミーティアが上がり3F31秒6の脚で差し切り勝ち。7歳ながら重賞初制覇を飾った。また、鞍上の西田にとっても10年のアイビスSDのケイティラブ以来、7年ぶりのうれしい重賞Vとなった。

 レースは好ダッシュを決めたフィドゥーシアがハナへ。2F目から10秒0―10秒4―10秒3のハイラップを刻む中、ラインミーティアは15番枠を生かして外ラチ沿いを通って後方でじっくり脚をためる。ゴール前ではそのままフィドゥーシアが逃げ粘るものの、その外から一気にかわしたところがゴールだった。

 それにしても、西田は千直競馬の穴馬券メーカーだ。今回の勝利で14勝目をマーク。その人気は5人12人9人8人7人2人4人4人2人2人5人15人2人8人で、何と1番人気でのVはゼロ。2ケタ人気で2勝を挙げているように、この舞台でたびたび波乱を演出している。前記のケイティラブも8番人気の大駆けだった。

 今回もラインミーティアの持ち味を存分に引き出した見事な騎乗ぶり。「春は千直にこだわってこのローテと決めて、騎乗依頼をした」とは水野師。その期待に応えてみせた。

 初コンビだった邁進特別は、上がり最速の3F31秒6の鬼脚で差し切り勝ち。格上挑戦だった前走の韋駄天Sでも同じく3F31秒6の最速タイで④着まで追い込んでいる。ここ3戦できっちりこの馬の武器を掴み、自慢の末脚を生かす競馬に徹したことが今回の勝利につながったといえよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る