【アイビスSD】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着ラインミーティア(西田騎手) 春から乗せていただいて切れ味があることは分かっていたので、そこを存分に生かせれば、と。条件馬の身で胸を借りる立場だったし、いい意味で勝ちにいかない乗り方ができたのが良かったと思います。正直、差し切れるか分かりませんでしたが、フィドゥーシアの脚色も鈍ってきていた。ええ、きっちり届きましたね。

②着フィドゥーシア(石橋騎手) レース内容としてはケチをつけるところなし、文句なかったと思います。馬は頑張ってくれたけど、何かが足りなかったんでしょうね。オレが勝負弱かったのかな。

③着レジーナフォルテ(杉原騎手) 人気の前2頭をマークして、いい感じで運べましたよ。いったんは離されかけたけど、そこからもう一度捕まえにいこうと頑張ってくれました。3歳牝馬でこれだけやれれば褒めていいと思います。

④着アクティブミノル(酒井騎手) 返し馬は気が入りつつも気負いがない感じ。ムードは前走より良かったですね。絶好枠を引いたし、ラチを頼って先行策。道中は息を入れながら走れていたんですけどねえ。最後に苦しくなってからは外にもたれてしまいました。

⑤着アースエンジェル(吉田隼騎手) もう少し外の枠が欲しかったですね。勝ち馬のそばのポジションを取るまでに少し時間がかかってしまいました。ラストはしっかり詰めていただけに、枠順ひとつでは際どかったと思います。

⑩着ネロ(戸崎騎手) スタートが決まったんで、いい形になるかと思ったんだけど、もう少しスピードに乗って欲しかったですね。そのあたりは58キロの分もあったかな。結局、促しっぱなしになってしまって。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る