【アイビスSD】レース後の談話

公開日:

①着ラインミーティア(西田騎手) 春から乗せていただいて切れ味があることは分かっていたので、そこを存分に生かせれば、と。条件馬の身で胸を借りる立場だったし、いい意味で勝ちにいかない乗り方ができたのが良かったと思います。正直、差し切れるか分かりませんでしたが、フィドゥーシアの脚色も鈍ってきていた。ええ、きっちり届きましたね。

②着フィドゥーシア(石橋騎手) レース内容としてはケチをつけるところなし、文句なかったと思います。馬は頑張ってくれたけど、何かが足りなかったんでしょうね。オレが勝負弱かったのかな。

③着レジーナフォルテ(杉原騎手) 人気の前2頭をマークして、いい感じで運べましたよ。いったんは離されかけたけど、そこからもう一度捕まえにいこうと頑張ってくれました。3歳牝馬でこれだけやれれば褒めていいと思います。

④着アクティブミノル(酒井騎手) 返し馬は気が入りつつも気負いがない感じ。ムードは前走より良かったですね。絶好枠を引いたし、ラチを頼って先行策。道中は息を入れながら走れていたんですけどねえ。最後に苦しくなってからは外にもたれてしまいました。

⑤着アースエンジェル(吉田隼騎手) もう少し外の枠が欲しかったですね。勝ち馬のそばのポジションを取るまでに少し時間がかかってしまいました。ラストはしっかり詰めていただけに、枠順ひとつでは際どかったと思います。

⑩着ネロ(戸崎騎手) スタートが決まったんで、いい形になるかと思ったんだけど、もう少しスピードに乗って欲しかったですね。そのあたりは58キロの分もあったかな。結局、促しっぱなしになってしまって。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る