【アイビスSD】レース後の談話

公開日:

①着ラインミーティア(西田騎手) 春から乗せていただいて切れ味があることは分かっていたので、そこを存分に生かせれば、と。条件馬の身で胸を借りる立場だったし、いい意味で勝ちにいかない乗り方ができたのが良かったと思います。正直、差し切れるか分かりませんでしたが、フィドゥーシアの脚色も鈍ってきていた。ええ、きっちり届きましたね。

②着フィドゥーシア(石橋騎手) レース内容としてはケチをつけるところなし、文句なかったと思います。馬は頑張ってくれたけど、何かが足りなかったんでしょうね。オレが勝負弱かったのかな。

③着レジーナフォルテ(杉原騎手) 人気の前2頭をマークして、いい感じで運べましたよ。いったんは離されかけたけど、そこからもう一度捕まえにいこうと頑張ってくれました。3歳牝馬でこれだけやれれば褒めていいと思います。

④着アクティブミノル(酒井騎手) 返し馬は気が入りつつも気負いがない感じ。ムードは前走より良かったですね。絶好枠を引いたし、ラチを頼って先行策。道中は息を入れながら走れていたんですけどねえ。最後に苦しくなってからは外にもたれてしまいました。

⑤着アースエンジェル(吉田隼騎手) もう少し外の枠が欲しかったですね。勝ち馬のそばのポジションを取るまでに少し時間がかかってしまいました。ラストはしっかり詰めていただけに、枠順ひとつでは際どかったと思います。

⑩着ネロ(戸崎騎手) スタートが決まったんで、いい形になるかと思ったんだけど、もう少しスピードに乗って欲しかったですね。そのあたりは58キロの分もあったかな。結局、促しっぱなしになってしまって。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る