• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【アイビスSD】レース後の談話

①着ラインミーティア(西田騎手) 春から乗せていただいて切れ味があることは分かっていたので、そこを存分に生かせれば、と。条件馬の身で胸を借りる立場だったし、いい意味で勝ちにいかない乗り方ができたのが良かったと思います。正直、差し切れるか分かりませんでしたが、フィドゥーシアの脚色も鈍ってきていた。ええ、きっちり届きましたね。

②着フィドゥーシア(石橋騎手) レース内容としてはケチをつけるところなし、文句なかったと思います。馬は頑張ってくれたけど、何かが足りなかったんでしょうね。オレが勝負弱かったのかな。

③着レジーナフォルテ(杉原騎手) 人気の前2頭をマークして、いい感じで運べましたよ。いったんは離されかけたけど、そこからもう一度捕まえにいこうと頑張ってくれました。3歳牝馬でこれだけやれれば褒めていいと思います。

④着アクティブミノル(酒井騎手) 返し馬は気が入りつつも気負いがない感じ。ムードは前走より良かったですね。絶好枠を引いたし、ラチを頼って先行策。道中は息を入れながら走れていたんですけどねえ。最後に苦しくなってからは外にもたれてしまいました。

⑤着アースエンジェル(吉田隼騎手) もう少し外の枠が欲しかったですね。勝ち馬のそばのポジションを取るまでに少し時間がかかってしまいました。ラストはしっかり詰めていただけに、枠順ひとつでは際どかったと思います。

⑩着ネロ(戸崎騎手) スタートが決まったんで、いい形になるかと思ったんだけど、もう少しスピードに乗って欲しかったですね。そのあたりは58キロの分もあったかな。結局、促しっぱなしになってしまって。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る