• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【アイビスSD】レース後の談話

①着ラインミーティア(西田騎手) 春から乗せていただいて切れ味があることは分かっていたので、そこを存分に生かせれば、と。条件馬の身で胸を借りる立場だったし、いい意味で勝ちにいかない乗り方ができたのが良かったと思います。正直、差し切れるか分かりませんでしたが、フィドゥーシアの脚色も鈍ってきていた。ええ、きっちり届きましたね。

②着フィドゥーシア(石橋騎手) レース内容としてはケチをつけるところなし、文句なかったと思います。馬は頑張ってくれたけど、何かが足りなかったんでしょうね。オレが勝負弱かったのかな。

③着レジーナフォルテ(杉原騎手) 人気の前2頭をマークして、いい感じで運べましたよ。いったんは離されかけたけど、そこからもう一度捕まえにいこうと頑張ってくれました。3歳牝馬でこれだけやれれば褒めていいと思います。

④着アクティブミノル(酒井騎手) 返し馬は気が入りつつも気負いがない感じ。ムードは前走より良かったですね。絶好枠を引いたし、ラチを頼って先行策。道中は息を入れながら走れていたんですけどねえ。最後に苦しくなってからは外にもたれてしまいました。

⑤着アースエンジェル(吉田隼騎手) もう少し外の枠が欲しかったですね。勝ち馬のそばのポジションを取るまでに少し時間がかかってしまいました。ラストはしっかり詰めていただけに、枠順ひとつでは際どかったと思います。

⑩着ネロ(戸崎騎手) スタートが決まったんで、いい形になるかと思ったんだけど、もう少しスピードに乗って欲しかったですね。そのあたりは58キロの分もあったかな。結局、促しっぱなしになってしまって。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る