【小倉記念】秋山タツゴウゲキ乗り替わりで重賞ゲット

公開日:

明暗を分けた2人の運

「サマー2000シリーズ」の第3戦、小倉記念を制したのは秋山タツゴウゲキだった。

 代打・秋山にとってはまさに“ゴッツァン”だったか。シリーズ第2戦の七夕賞ではフェルメッツァに騎乗して⑤着。決して悪くない内容だったが、フェルメッツァは北村友に乗り替わって当初は騎乗馬がなかった。

 それが日曜小倉7Rでタツゴウゲキに騎乗予定だったM・デムーロが落馬負傷のアクシデント。「52キロで乗れて、あたりの柔らかいジョッキー」という鮫島師の狙いで、秋山に急きょ、オハチが回ってきたのだ。

 その時点で運があったが、さらにレースでも。馬場の良さを思えば絶好の2番枠。枠なりで好位の内で脚をためることができた。さらに直線でもラッキーが。抜け出したヴォージュのインがぽっかりとあいたのだ。

 楽にそこを突いてロスなく競馬ができたのだから、タツゴウゲキにとっては理想的。最後は鼻差競り勝ち、乗り替わったフェルメッツァにも先着(③着)だから、秋山にとっては、してやったりだろう。

鼻差惜敗で全10場重賞制覇ならず戸崎サンマルティン

 笑った秋山に対して、泣いたのは戸崎サンマルティンだ。

 小倉記念に勝てば史上5人目となるJRA全10場重賞制覇の大記録だったが、首の上げ下げで②着惜敗。外をまくり上げて、いったんは完全に先頭へ立つ横綱相撲と、内容的には一番強い競馬をしている。だが、最後はロスなく100%の競馬ができた秋山に内をすくわれてしまった。

 この日曜がJRA移籍5年目にして小倉競馬初参戦。合計8鞍に騎乗して7鞍までが3番人気以内とファンの支持も集めたものの〈0116〉と物足りない結果に。リーディング独走中の腕達者でも、“初物”に加えて運が味方しなかったとあれば、苦労したということかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る