【小倉記念】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着タツゴウゲキ(秋山騎手) 最後は勝ったのか、分からなくて。勝っていてよかったです。七夕賞では他の馬(フェルメッツァ)に乗っていたし、先生から「具合がいいから」と聞いていました。ええ、手応えは良かったですよ。②着馬が先に抜けてましたが、何とか届いてくれました。代打で結果を出せてよかったです。

(鮫島調教師) レース運びの上手な馬だし、彼(秋山騎手)のようなあたりの柔らかくフワッと乗るタイプは合いそうで。52キロで乗れて、ちゃんとした鞍でもいけるからね。それで秋山君に。七夕賞から中3週でも体が増えてたし、最後もいい脚。本格化してきたかな。このあとは様子を見て決めたいと思います。

②着サンマルティン(戸崎騎手) 状態は良かったと思います。少し左に張る面はありましたが、しまいもしっかりと伸びてくれています。

③着フェルメッツァ(北村友騎手) 力のある馬で、VTRで見た通りでしたね。勝負どころで出していかないと置かれる感じなので、流れにしっかりと乗せて。直線を向いてややジリっぽくなりましたが、よく頑張ってくれています。

④着ベルーフ(ホワイト騎手) 勝った馬は内から。外を回った分のロスはありましたが、能力は出せたと思います。②着馬をマークして自分も動いていきましたが、向こうが楽で。サッと行かれてしまいましたね。

⑤着カフジプリンス(中谷騎手) ゲートを出なくてあの位置から。忙しかったね。3角はいつもよりズブさを見せていながら、よく⑤着まで来てくれたよ。もう少し時計のかかる馬場がいいね。

⑥着ヴォージュ(松若騎手) 2番手で折り合いもスムーズでした。これから良くなっていってくれると思います。

⑧着ストロングタイタン(川田騎手) すごくスムーズにゲート、道中といいリズムでいったはずです。でも、重賞になるとこういう競馬になってしまうので、あらためて敗因を考えないといけないと思います。

⑪着バンドワゴン(和田騎手) ジワリと行けたけど、早めに来られて抵抗できなかったね。この馬なりにスタートは出てくれたんですが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  3. 3

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る