【小倉記念】レース後の談話

公開日:

①着タツゴウゲキ(秋山騎手) 最後は勝ったのか、分からなくて。勝っていてよかったです。七夕賞では他の馬(フェルメッツァ)に乗っていたし、先生から「具合がいいから」と聞いていました。ええ、手応えは良かったですよ。②着馬が先に抜けてましたが、何とか届いてくれました。代打で結果を出せてよかったです。

(鮫島調教師) レース運びの上手な馬だし、彼(秋山騎手)のようなあたりの柔らかくフワッと乗るタイプは合いそうで。52キロで乗れて、ちゃんとした鞍でもいけるからね。それで秋山君に。七夕賞から中3週でも体が増えてたし、最後もいい脚。本格化してきたかな。このあとは様子を見て決めたいと思います。

②着サンマルティン(戸崎騎手) 状態は良かったと思います。少し左に張る面はありましたが、しまいもしっかりと伸びてくれています。

③着フェルメッツァ(北村友騎手) 力のある馬で、VTRで見た通りでしたね。勝負どころで出していかないと置かれる感じなので、流れにしっかりと乗せて。直線を向いてややジリっぽくなりましたが、よく頑張ってくれています。

④着ベルーフ(ホワイト騎手) 勝った馬は内から。外を回った分のロスはありましたが、能力は出せたと思います。②着馬をマークして自分も動いていきましたが、向こうが楽で。サッと行かれてしまいましたね。

⑤着カフジプリンス(中谷騎手) ゲートを出なくてあの位置から。忙しかったね。3角はいつもよりズブさを見せていながら、よく⑤着まで来てくれたよ。もう少し時計のかかる馬場がいいね。

⑥着ヴォージュ(松若騎手) 2番手で折り合いもスムーズでした。これから良くなっていってくれると思います。

⑧着ストロングタイタン(川田騎手) すごくスムーズにゲート、道中といいリズムでいったはずです。でも、重賞になるとこういう競馬になってしまうので、あらためて敗因を考えないといけないと思います。

⑪着バンドワゴン(和田騎手) ジワリと行けたけど、早めに来られて抵抗できなかったね。この馬なりにスタートは出てくれたんですが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る