【レパードS】人気の盲点の2頭で大波乱ローズプリンスダムは今後も人気にならない!?

公開日:

 新潟メーンのレパードSは大波乱!

 海外遠征帰りのエピカリスが単勝1・5倍の圧倒的1番人気に推されたものの③着まで。直線で前が壁になり、さばくのに手間取って国内初黒星を喫した。

 勝ったのは11番人気のローズプリンスダムで、②着にも12番人気サルサディオーネが入る番狂わせ。木津記者の◎△△で馬単25万1840円、3連単80万7250円の高配当となった。

 ただ、ローズのこれまでの戦績を振り返ると、今回は“人気がなさすぎた”と思える面も。2走前には千八のオープン・鳳雛S勝ち。同世代の重賞なら、十分、胸を張れる実績はあった。しかし、落鉄の影響もあった前走のJDダービーで⑧着に敗れたこと、さらに、鞍上が重賞未勝利の木幡巧だったことなどもあり、盲点になっていたのだ。

 それでも、今回はケチのつけようがない内容で差し切り。たとえ、エピカリスがスムーズにさばけていても負けなかったのでは、と思わせる決め手だった。

「差す競馬で結果を出してくれて、収穫がありましたね。この後は放牧に出して、秋に備えたいと思います」(畠山師)

 ライスシャワーなどを輩出した老舗・ユートピア牧場の生産馬。とはいえ、非ノーザン、社台系の地味な血筋だけに、人気にはなりづらいタイプである。

 今後は古馬相手の重賞を戦っていくことになるが、追い掛け続ければ馬券的には面白いかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る