【レパードS】人気の盲点の2頭で大波乱ローズプリンスダムは今後も人気にならない!?

公開日: 更新日:

 新潟メーンのレパードSは大波乱!

 海外遠征帰りのエピカリスが単勝1・5倍の圧倒的1番人気に推されたものの③着まで。直線で前が壁になり、さばくのに手間取って国内初黒星を喫した。

 勝ったのは11番人気のローズプリンスダムで、②着にも12番人気サルサディオーネが入る番狂わせ。木津記者の◎△△で馬単25万1840円、3連単80万7250円の高配当となった。

 ただ、ローズのこれまでの戦績を振り返ると、今回は“人気がなさすぎた”と思える面も。2走前には千八のオープン・鳳雛S勝ち。同世代の重賞なら、十分、胸を張れる実績はあった。しかし、落鉄の影響もあった前走のJDダービーで⑧着に敗れたこと、さらに、鞍上が重賞未勝利の木幡巧だったことなどもあり、盲点になっていたのだ。

 それでも、今回はケチのつけようがない内容で差し切り。たとえ、エピカリスがスムーズにさばけていても負けなかったのでは、と思わせる決め手だった。

「差す競馬で結果を出してくれて、収穫がありましたね。この後は放牧に出して、秋に備えたいと思います」(畠山師)

 ライスシャワーなどを輩出した老舗・ユートピア牧場の生産馬。とはいえ、非ノーザン、社台系の地味な血筋だけに、人気にはなりづらいタイプである。

 今後は古馬相手の重賞を戦っていくことになるが、追い掛け続ければ馬券的には面白いかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る