• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【レパードS】人気の盲点の2頭で大波乱ローズプリンスダムは今後も人気にならない!?

 新潟メーンのレパードSは大波乱!

 海外遠征帰りのエピカリスが単勝1・5倍の圧倒的1番人気に推されたものの③着まで。直線で前が壁になり、さばくのに手間取って国内初黒星を喫した。

 勝ったのは11番人気のローズプリンスダムで、②着にも12番人気サルサディオーネが入る番狂わせ。木津記者の◎△△で馬単25万1840円、3連単80万7250円の高配当となった。

 ただ、ローズのこれまでの戦績を振り返ると、今回は“人気がなさすぎた”と思える面も。2走前には千八のオープン・鳳雛S勝ち。同世代の重賞なら、十分、胸を張れる実績はあった。しかし、落鉄の影響もあった前走のJDダービーで⑧着に敗れたこと、さらに、鞍上が重賞未勝利の木幡巧だったことなどもあり、盲点になっていたのだ。

 それでも、今回はケチのつけようがない内容で差し切り。たとえ、エピカリスがスムーズにさばけていても負けなかったのでは、と思わせる決め手だった。

「差す競馬で結果を出してくれて、収穫がありましたね。この後は放牧に出して、秋に備えたいと思います」(畠山師)

 ライスシャワーなどを輩出した老舗・ユートピア牧場の生産馬。とはいえ、非ノーザン、社台系の地味な血筋だけに、人気にはなりづらいタイプである。

 今後は古馬相手の重賞を戦っていくことになるが、追い掛け続ければ馬券的には面白いかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る