【レパードS】レース後の談話

公開日:

①着ローズプリンスダム(木幡巧騎手) すごくうれしいです。今でも興奮していて夢みたい。行ければ番手に行こうと思ってたけど、何頭か速い馬がいて。それでも、内のいいところを取ることができました。前があいて“今だ”という時にスーッと動いてくれた。馬に助けられましたね。乗りやすかったし、ムチにもしっかりと反応してくれましたよ。最近は(自身の)調子が良くなかったので、これを機会に流れに乗りたいですね。

②着サルサディオーネ(吉田豊騎手) 砂をかぶらない位置で、との指示。スタートが良かったんで逃げる形になりました。道中もいい手応えで運べたし、直線も最後までしぶとかったです。勝ち馬には離れた外から来られたのがね。並んでいればもう少し頑張れたと思います。

③着エピカリス(ルメール騎手) 残念。最後ははスペースがなくなってしまった。ただ、今回一番大事だったのはコンディション。その点はクリアできていた。いいフットワークで走れていたし、仕掛けてからも反応してくれたよ。

④着ブライトンロック(田中勝騎手) 前半はじっくりとためて直線勝負。その分、ラストはいい感じにはじけてくれたよ。ここまで来たら、もうひとつ上がほしかったね。

⑤着ノーブルサターン(鮫島良騎手) 番手だと少し気を使った走りになるんで、理想はハナだったんですけどね。内に行く馬が多かったし、この枠なんで好位からになりました。思ったレースとはいかなかったけど、崩れず頑張ってくれたのは収穫でした。

⑥着ハルクンノテソーロ(大野騎手) 千八でもうまく折り合って運べましたが、外、外を回されて距離ロスのある競馬になってしまいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    辺野古土砂投入…沖縄は人でなし首相と縁を切った方がいい

もっと見る