• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【レパードS】レース後の談話

①着ローズプリンスダム(木幡巧騎手) すごくうれしいです。今でも興奮していて夢みたい。行ければ番手に行こうと思ってたけど、何頭か速い馬がいて。それでも、内のいいところを取ることができました。前があいて“今だ”という時にスーッと動いてくれた。馬に助けられましたね。乗りやすかったし、ムチにもしっかりと反応してくれましたよ。最近は(自身の)調子が良くなかったので、これを機会に流れに乗りたいですね。

②着サルサディオーネ(吉田豊騎手) 砂をかぶらない位置で、との指示。スタートが良かったんで逃げる形になりました。道中もいい手応えで運べたし、直線も最後までしぶとかったです。勝ち馬には離れた外から来られたのがね。並んでいればもう少し頑張れたと思います。

③着エピカリス(ルメール騎手) 残念。最後ははスペースがなくなってしまった。ただ、今回一番大事だったのはコンディション。その点はクリアできていた。いいフットワークで走れていたし、仕掛けてからも反応してくれたよ。

④着ブライトンロック(田中勝騎手) 前半はじっくりとためて直線勝負。その分、ラストはいい感じにはじけてくれたよ。ここまで来たら、もうひとつ上がほしかったね。

⑤着ノーブルサターン(鮫島良騎手) 番手だと少し気を使った走りになるんで、理想はハナだったんですけどね。内に行く馬が多かったし、この枠なんで好位からになりました。思ったレースとはいかなかったけど、崩れず頑張ってくれたのは収穫でした。

⑥着ハルクンノテソーロ(大野騎手) 千八でもうまく折り合って運べましたが、外、外を回されて距離ロスのある競馬になってしまいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る