【レパードS】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着ローズプリンスダム(木幡巧騎手) すごくうれしいです。今でも興奮していて夢みたい。行ければ番手に行こうと思ってたけど、何頭か速い馬がいて。それでも、内のいいところを取ることができました。前があいて“今だ”という時にスーッと動いてくれた。馬に助けられましたね。乗りやすかったし、ムチにもしっかりと反応してくれましたよ。最近は(自身の)調子が良くなかったので、これを機会に流れに乗りたいですね。

②着サルサディオーネ(吉田豊騎手) 砂をかぶらない位置で、との指示。スタートが良かったんで逃げる形になりました。道中もいい手応えで運べたし、直線も最後までしぶとかったです。勝ち馬には離れた外から来られたのがね。並んでいればもう少し頑張れたと思います。

③着エピカリス(ルメール騎手) 残念。最後ははスペースがなくなってしまった。ただ、今回一番大事だったのはコンディション。その点はクリアできていた。いいフットワークで走れていたし、仕掛けてからも反応してくれたよ。

④着ブライトンロック(田中勝騎手) 前半はじっくりとためて直線勝負。その分、ラストはいい感じにはじけてくれたよ。ここまで来たら、もうひとつ上がほしかったね。

⑤着ノーブルサターン(鮫島良騎手) 番手だと少し気を使った走りになるんで、理想はハナだったんですけどね。内に行く馬が多かったし、この枠なんで好位からになりました。思ったレースとはいかなかったけど、崩れず頑張ってくれたのは収穫でした。

⑥着ハルクンノテソーロ(大野騎手) 千八でもうまく折り合って運べましたが、外、外を回されて距離ロスのある競馬になってしまいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る