【レパードS】レース後の談話

公開日:

①着ローズプリンスダム(木幡巧騎手) すごくうれしいです。今でも興奮していて夢みたい。行ければ番手に行こうと思ってたけど、何頭か速い馬がいて。それでも、内のいいところを取ることができました。前があいて“今だ”という時にスーッと動いてくれた。馬に助けられましたね。乗りやすかったし、ムチにもしっかりと反応してくれましたよ。最近は(自身の)調子が良くなかったので、これを機会に流れに乗りたいですね。

②着サルサディオーネ(吉田豊騎手) 砂をかぶらない位置で、との指示。スタートが良かったんで逃げる形になりました。道中もいい手応えで運べたし、直線も最後までしぶとかったです。勝ち馬には離れた外から来られたのがね。並んでいればもう少し頑張れたと思います。

③着エピカリス(ルメール騎手) 残念。最後ははスペースがなくなってしまった。ただ、今回一番大事だったのはコンディション。その点はクリアできていた。いいフットワークで走れていたし、仕掛けてからも反応してくれたよ。

④着ブライトンロック(田中勝騎手) 前半はじっくりとためて直線勝負。その分、ラストはいい感じにはじけてくれたよ。ここまで来たら、もうひとつ上がほしかったね。

⑤着ノーブルサターン(鮫島良騎手) 番手だと少し気を使った走りになるんで、理想はハナだったんですけどね。内に行く馬が多かったし、この枠なんで好位からになりました。思ったレースとはいかなかったけど、崩れず頑張ってくれたのは収穫でした。

⑥着ハルクンノテソーロ(大野騎手) 千八でもうまく折り合って運べましたが、外、外を回されて距離ロスのある競馬になってしまいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る