【関屋記念】レース後の談話

公開日:

①着マルターズアポジー(武士沢騎手) 同型との兼ね合いだったけど、うまくいきました。今までは二千を主体に使ってきたし、前走で(馬に)変なイメージが残ってないか心配で。そこらへんも覆して、マイルで本領発揮でしたね。これからは相手も強くなるので、真面目すぎる気性も含めていろいろ克服していければ。

②着ウインガニオン(津村騎手) 前と離れた2番手。いい展開になったと思ったんですけど、勝ち馬が止まってくれなかったし、こっちも最後は止まってしまいました。でも、連戦続きで多少は疲れもある中、頑張ってます。秋が楽しみです。

③着ダノンリバティ(松若騎手) 4角での進路取りで少し迷ってしまったのが結果に出たかな。最後はよく伸びてくれてたんですが。

④着ヤングマンパワー(石橋騎手) すごくいい雰囲気だったし、出たなりで馬の後ろにつけられました。コーナーも感じ良く回って、直線でもジワジワと上がって行けた。(前を)とらえられると思ったんですけどね。

⑤着ダノンプラチナ(蛯名騎手) 12キロ増。前走だって太いのにさらに増えていたからね。残り100メートルで止まったけど、一瞬は突き抜けるかの勢いだったし、地力は見せてくれたよ。この後、順調に使えるようなら楽しみだよ。

⑥着ロードクエスト(池添騎手) 返し馬の雰囲気が凄く良かったし、デキは絶好。今回は攻めの騎乗でいつもよりポジションを上げて競馬をしました。直線もこの馬なりによく伸びてます。ただ、前が止まってくれなくて……。仕方ないですね。

⑫着メートルダール(M・デムーロ騎手) スタートは速かったが、その後は全然進んでくれなかった。直線もロードクエストを目標に追い出したけど、伸びてくれなかった。よく分からないね。

⑮着ブラックムーン(川田騎手) 3、4角で外に逃げていたし、直線も一瞬伸びただけ。すぐに止まってしまいました。暑い時季は良くないのかもしれません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る