【エルムS】ローンドンタウンがレコードV マーク屋・岩田の真骨頂

公開日:

2年2カ月ぶりの1日5勝

 ダート重賞のGⅢエルムSを制したのは岩田ロンドンタウンだった。

 久々に北海道重賞での強さを見せた。ロンドンタウンを勝利に導いた岩田である。

 過去10年の北海道重賞では10勝でリーディングトップ。ただし、直近の重賞Vは15年札幌2歳Sで、昨年は勝ち鞍なし。今年は函館でも3戦して⑨⑧⑥着と結果が出ていなかった。

 だが、エルムSでは満点の騎乗を見せた。

 先週の札幌ダートは雨の影響で高速化。日曜は7Rの五百万条件で千七1分42秒7の時計が出ていたほど。これだけ時計が速くなれば、前づけしないと勝負にならない。

 その馬場読みが冴えていた。早めの競馬で1番人気テイエムジンソクをマークする絶好位。しかも時計が速くなれば少しでも外を回すとロスになるが、道中はインぴったりを回ってきた。その結果、1分40秒9のレコードで重賞制覇に導いたということだ。

 ちなみにエルムSだけでなく、日曜は計5勝。1日5勝は岩田にとって2年2カ月ぶりのこと。勢いづいた腕達者には今週以降も注意したい。

 また岩田の手腕に応えたロンドンタウンも力がある。次走は9月10日、韓国のコリアCに遠征の予定で、JRAで姿を見るのは少し先になりそうだが、楽しみにしたい。

 一方、断トツ1番人気で敗れたテイエムジンソクはここまでの3連勝が全て楽勝。競り合うことがなかった。だが、きのうは直線で3頭のたたき合いになって馬に戸惑いもあったか。また北海道3戦目で、目に見えない疲れがあったのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る