【エルムS】レース後の談話

公開日:

①着ロンドンタウン(岩田騎手) 朝から好時計が出ていたので、これくらいの時計になると思っていた。枠も良くて、凄くスムーズな競馬ができたし、直線を向く時も持ったまま。最後は“届くのではないか”と必死に追いました。素直だし、スピードがあって賢い馬。どんなレースもできるだけに楽しみ。

②着テイエムジンソク(古川騎手) この時計で差されるとはなあ~。持ち時計は詰めているし、自分の競馬はできたんだけど。

③着ドリームキラリ(三浦騎手) リズム良く、自分の競馬ができました。並ばれてからも踏ん張ってたし、あともうちょっとだったんですけどね。

④着コスモカナディアン(丹内騎手) この時計に対応できたのは収穫だったと思いますね。内枠からロスなく運べたのが良かったんでしょう。

⑥着リッカルド(黛騎手) 追い切りの動きが良かったように、だいぶ状態が戻ってきていますね。

⑦着ピオネロ(ルメール騎手) 隣の馬が早々とバテて(内に潜れず)外、外を回されてしまった。あれでは無理です。直線を向いた時、前とは15馬身近く離されていたよ。

⑩着モンドクラッセ(勝浦騎手) どうなんですかねえ。特段、もまれたわけでもないですし。状態も含め、何ともいえませんねえ。

⑫着クリノスターオー(幸騎手) 勝ち時計が速すぎて、スピードに対応しきれませんでした。もう向正面からついていけなかったですから。精神的にもそう強い馬でもないので、きょうの展開では厳しかったです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る