• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【札幌記念】レース後の談話

①着サクラアンプルール(蛯名騎手) 前回は久しぶりでおとなしかったけど、返し馬から気合が良くて気配が一変してましたね。おそらく速い2頭が行くんで、それらを見ながらあまり後ろになりすぎないように、前にも行きすぎないように最初の入りは気をつけて。手応え十分で回って一気に加速してくれたし、これならしのいでくれると思ってました。

②着ナリタハリケーン(藤岡康騎手) 枠もいいところだったし、ロスなく乗れました。3~4角もスムーズで思った通りの競馬ができました。洋芝は合うんでしょうね。着差が着差だけに、何とかタイトルを取らせたかった。

③着ヤマカツエース(池添騎手) ポジションを取りにいって、前半は少しハミを噛んだけど、エアスピネルの後ろで我慢できました。残り3Fでいつもなら持ったままで上がっていけるのに、手が動いてしまって。ただ、勝ちにいってのもの。久々でもありましたから。

④着サウンズオブアース(藤岡調教師) 休み明けでコンディションは良かったと思いますよ。スパッとはこれなかったものの、二千も問題なかった。次走はオーナーと決めたいです。

⑤着エアスピネル(ルメール騎手) リラックスしていましたが、4コーナーの反応が遅かった。最後は止まっていないけど、伸びてもいない。同じペースだった。スピードがいる競馬場は合うと思っていたが、距離がちょっと長かったかな。

⑥着ロードヴァンドール(太宰騎手) スッとハナを取れましたし、ペースも遅すぎずに平均的に行けました。4角でマイネルミラノに前に出られましたが、そこからしぶとく盛り返せました。

⑧着マウントロブソン(モレイラ騎手) ゲートを出てからバランスを崩してしまって。それに勝負どころでも、前の馬が下がってきて……。

⑬着マイネルミラノ(丹内騎手) スタートは決まったけど、自分の競馬ができませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る