【札幌記念】レース後の談話

公開日:

①着サクラアンプルール(蛯名騎手) 前回は久しぶりでおとなしかったけど、返し馬から気合が良くて気配が一変してましたね。おそらく速い2頭が行くんで、それらを見ながらあまり後ろになりすぎないように、前にも行きすぎないように最初の入りは気をつけて。手応え十分で回って一気に加速してくれたし、これならしのいでくれると思ってました。

②着ナリタハリケーン(藤岡康騎手) 枠もいいところだったし、ロスなく乗れました。3~4角もスムーズで思った通りの競馬ができました。洋芝は合うんでしょうね。着差が着差だけに、何とかタイトルを取らせたかった。

③着ヤマカツエース(池添騎手) ポジションを取りにいって、前半は少しハミを噛んだけど、エアスピネルの後ろで我慢できました。残り3Fでいつもなら持ったままで上がっていけるのに、手が動いてしまって。ただ、勝ちにいってのもの。久々でもありましたから。

④着サウンズオブアース(藤岡調教師) 休み明けでコンディションは良かったと思いますよ。スパッとはこれなかったものの、二千も問題なかった。次走はオーナーと決めたいです。

⑤着エアスピネル(ルメール騎手) リラックスしていましたが、4コーナーの反応が遅かった。最後は止まっていないけど、伸びてもいない。同じペースだった。スピードがいる競馬場は合うと思っていたが、距離がちょっと長かったかな。

⑥着ロードヴァンドール(太宰騎手) スッとハナを取れましたし、ペースも遅すぎずに平均的に行けました。4角でマイネルミラノに前に出られましたが、そこからしぶとく盛り返せました。

⑧着マウントロブソン(モレイラ騎手) ゲートを出てからバランスを崩してしまって。それに勝負どころでも、前の馬が下がってきて……。

⑬着マイネルミラノ(丹内騎手) スタートは決まったけど、自分の競馬ができませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る