• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【札幌記念】レース後の談話

①着サクラアンプルール(蛯名騎手) 前回は久しぶりでおとなしかったけど、返し馬から気合が良くて気配が一変してましたね。おそらく速い2頭が行くんで、それらを見ながらあまり後ろになりすぎないように、前にも行きすぎないように最初の入りは気をつけて。手応え十分で回って一気に加速してくれたし、これならしのいでくれると思ってました。

②着ナリタハリケーン(藤岡康騎手) 枠もいいところだったし、ロスなく乗れました。3~4角もスムーズで思った通りの競馬ができました。洋芝は合うんでしょうね。着差が着差だけに、何とかタイトルを取らせたかった。

③着ヤマカツエース(池添騎手) ポジションを取りにいって、前半は少しハミを噛んだけど、エアスピネルの後ろで我慢できました。残り3Fでいつもなら持ったままで上がっていけるのに、手が動いてしまって。ただ、勝ちにいってのもの。久々でもありましたから。

④着サウンズオブアース(藤岡調教師) 休み明けでコンディションは良かったと思いますよ。スパッとはこれなかったものの、二千も問題なかった。次走はオーナーと決めたいです。

⑤着エアスピネル(ルメール騎手) リラックスしていましたが、4コーナーの反応が遅かった。最後は止まっていないけど、伸びてもいない。同じペースだった。スピードがいる競馬場は合うと思っていたが、距離がちょっと長かったかな。

⑥着ロードヴァンドール(太宰騎手) スッとハナを取れましたし、ペースも遅すぎずに平均的に行けました。4角でマイネルミラノに前に出られましたが、そこからしぶとく盛り返せました。

⑧着マウントロブソン(モレイラ騎手) ゲートを出てからバランスを崩してしまって。それに勝負どころでも、前の馬が下がってきて……。

⑬着マイネルミラノ(丹内騎手) スタートは決まったけど、自分の競馬ができませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  6. 6

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る