モレイラ土日で7勝

公開日:

 札幌競馬場は“モレイラ・フィーバー”に沸いた。

 今回も土曜から存在感を見せた。いきなり、1R2歳未勝利、芝千八をディバインブリーズで勝つと、3R、8Rでも勝利。6、9、10Rで②着と6連対だった。

 日曜も2、3、5、7Rで先頭ゴールイン。札幌記念のマウントロブソンこそ⑧着だったが、1週間でアッという間に7勝を挙げている。

 今回の短期免許は先週だけで、今週はWASJの招待騎手として騎乗。日本滞在はわずか2週間だけだ。

「だから競馬に集中したい」と騎乗する全馬の全レースをVTRでチェック。そんな努力だけでなく、ダート戦で勝った時は戻る際に内馬場に向かって手を振ったり、ウイナーズサークルでは時間が許す限りサインに応じるなど、ファンサービスも超一流の“ナイスガイ”だ。

「(15年に優勝した)WASJはまた勝ちたい。いい馬が当たりますように。それでいい結果が出れば」

 北海道の短い夏を、また“マジックマン”が席巻する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る