【キーンランドC】レース後の談話

公開日:

①着エポワス(ルメール騎手) 追い切りで馬が走りたがっていたので、自信がありました。それでも、相手が強いから③④着くらいと思っていた。少し忙しかったけど、我慢して走ってくれて、直線も進路があいてよく伸びた。ラスト150メートルはいい脚だった。

②着ソルヴェイグ(川田騎手) 内側が悪かったので、いい場所を選びつつ運びました。直線で他の馬がついてこなくて、1頭の時間が長く、フワフワしてしまいました。近くに馬がいれば違ったでしょうが、その分、スパッと切れる馬にやられてしまいました。

③着ナックビーナス(杉浦調教師) (⑤着だった)去年と比べて、状態が良かったから。これくらいは走れる馬ですよ。

④着フミノムーン(勝浦騎手) 馬は落ち着きがあって、いい雰囲気。久しぶりに乗りましたが、本当に良くなってましたね。ここまできたら、立ち回りひとつでした。

⑤着ライトフェアリー(内田騎手) このクラスだと相手は速い。それでも、直線は一瞬、“オッ”というところはあったよ。これで慣れてくればいいね。

⑥着モンドキャンノ(戸崎騎手) 道中、リズム良く走れていましたが、外に行った時にモタれてしまって。もう少し我慢して直線勝負に徹してもよかったかも。

⑦着メイソンジュニア(M・デムーロ騎手) イレ込んでいた。いいスタートを決めたけど、直線はすぐに脚が止まってしまった。全然、頑張らなかったね。

⑨着イッテツ(藤岡佑騎手) 初速で置かれてしまって。ワンペースなので、内枠がアダとなり、もまれてしまいました。

⑪着ブランボヌール(三浦騎手) 雰囲気は良かったし、馬場のいい外めを走らせました。4角では手応えがなくなってしまって……。

⑬着シュウジ(モレイラ騎手) スタートは決まり、道中はスムーズ。残り600メートルで仕掛けるも馬が反応してくれませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る