【新潟記念】タツゴウゲキが重賞連勝でサマー2000チャンピオンに

公開日:  更新日:

 3日(日)に新潟で行われたサマー2000シリーズ最終戦のGⅢ「新潟記念」は、4角で先頭に並びかけた6番人気のタツゴウゲキが長い直線をしのぎ切って小倉記念に続き重賞2連勝。サマー2000チャンピオンに輝いた。勝ち時計は1分57秒9。

 1番人気のアストラエンブレムが首差の②着。③着が12番人気のカフジプリンスで3連単は荒れるハンデ重賞らしく3連単は13万2650円の好配当になった。

 なお、配当は以下の通り。

単 勝①1200円
複 勝①420円⑪170円⑦710円
枠 連①⑥650円
馬 連①⑪2580円
馬 単①→⑪5810円
ワイド①⑪1180円①⑦5540円⑦⑪2900円
3連複①⑦⑪2万7670円
3連単①⑪⑦13万2650円

(万全を期すため成績、払戻金等はJRA発行のものと照合してください)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  8. 8

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る