【小倉2歳S】武豊アサクサゲンキで締めて小倉の話題独占

公開日:

重賞2勝、誘導馬引退式にターフ賞受賞

 小倉フィナーレの小倉2歳Sは武豊アサクサゲンキが勝利。

「大好きな小倉でいいレースができてよかったです。心残りはリーディングを取れなかったことですね」

 表彰式で集まった現地ファンの笑いを誘った武豊。小倉リーディングこそ幸(15勝)に1勝届かなかったが、この土日は4勝の猛スパートで最後の最後までリーディング争いをするなど、「大好き」な小倉競馬を盛り上げた。

 あらためてみると、この小倉での武豊の存在感の大きさに圧倒される。

 今夏はGⅢ北九州記念をダイアナヘイローで勝利しており、重賞2勝。95年、07年に続く3度目の「小倉ターフ賞」を受賞した。また、競馬以外でも武豊とのコンビで小倉3冠(小倉大賞典、北九州記念、小倉記念)を制したメイショウカイドウの誘導馬引退式ではパドックで騎乗するなど、競馬以外の部分でも多くのファンの心をつかんでいた。

 もちろん、この小倉2歳Sも武豊の機を逃さぬプレーが小倉のファンを酔わせた。8枠17番からサッと3番手につけ、勝負どころは“待ち”ではなく“攻め”に動いた。

 4角手前から1番人気のモズスーパーフレアにプレッシャーを与えるように馬体を併せてスパートし、直線ではいち早く先頭に立って押し切ってみせた。

 ②着から⑦着までが0秒1差にひしめきあう大接戦。一見、早いと思わせるプレーが勝利に導いた要因にもなるし、それに耐え抜いたアサクサゲンキも称えていいだろう。

 小倉で勢いをつけた人馬。秋、暮れも目が離せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る