【小倉2歳S】レース後の談話

公開日:

①着アサクサゲンキ(武豊騎手) いいスタートを切れたし、道中の手応えも良かったからね。この感じなら早めに先頭に立っても押し切ってくれると思った。競馬で乗ったのは初めてだけど、一戦ごとに良くなってるみたい。少しヤンチャな面があるのも、伸びシロってことじゃないかな。いい形で夏を締めくくれたし、秋も頑張りたい。

②着アイアンクロー(浜中騎手) 枠なりに勝ち馬を見ながらスムーズに運べたんですけどね。いい内容は残してくれたと思います。

③着バーニングペスカ(川須騎手) “位置取りは気にせず競馬をしてくれ”の指示でした。力む面もあったけど我慢できたし、直線は馬混みのど真ん中から伸びてくれた。力はありますね。

④着ヴァイザー(北村友騎手) 少しテンションは高かったけど、いい位置で流れには乗れてました。ただ、4角から直線に向くところで外の馬にぶつけられてしまって。あの不利が痛かった。

⑤着イイコトズクシ(荻野極騎手) 後ろからの競馬になったけど、コーナーで差を詰めることができた。最後も馬場の悪い内から脚を使ってくれてます。まだ幼さが残る現状を考えれば頑張ってくれました。

⑥着ペイシャルアス(川田騎手) 連闘の影響でしょうね。前に進んでいかなかった。それでも4角から直線にかけて動いてくれたし、いい脚を使ってくれてますよ。

⑦着モズスーパーフレア(松若騎手) いい位置で運べましたが、その後に少し(ハミを)噛んでいました。怖がりな面がある馬なので。

⑧着スーサンドン(和田騎手) ゲート内でトモを落として。外を回らざるを得なくて。最後までよく伸びてくれたし、重賞でも十分やれますよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る