【小倉2歳S】レース後の談話

公開日:

①着アサクサゲンキ(武豊騎手) いいスタートを切れたし、道中の手応えも良かったからね。この感じなら早めに先頭に立っても押し切ってくれると思った。競馬で乗ったのは初めてだけど、一戦ごとに良くなってるみたい。少しヤンチャな面があるのも、伸びシロってことじゃないかな。いい形で夏を締めくくれたし、秋も頑張りたい。

②着アイアンクロー(浜中騎手) 枠なりに勝ち馬を見ながらスムーズに運べたんですけどね。いい内容は残してくれたと思います。

③着バーニングペスカ(川須騎手) “位置取りは気にせず競馬をしてくれ”の指示でした。力む面もあったけど我慢できたし、直線は馬混みのど真ん中から伸びてくれた。力はありますね。

④着ヴァイザー(北村友騎手) 少しテンションは高かったけど、いい位置で流れには乗れてました。ただ、4角から直線に向くところで外の馬にぶつけられてしまって。あの不利が痛かった。

⑤着イイコトズクシ(荻野極騎手) 後ろからの競馬になったけど、コーナーで差を詰めることができた。最後も馬場の悪い内から脚を使ってくれてます。まだ幼さが残る現状を考えれば頑張ってくれました。

⑥着ペイシャルアス(川田騎手) 連闘の影響でしょうね。前に進んでいかなかった。それでも4角から直線にかけて動いてくれたし、いい脚を使ってくれてますよ。

⑦着モズスーパーフレア(松若騎手) いい位置で運べましたが、その後に少し(ハミを)噛んでいました。怖がりな面がある馬なので。

⑧着スーサンドン(和田騎手) ゲート内でトモを落として。外を回らざるを得なくて。最後までよく伸びてくれたし、重賞でも十分やれますよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る