• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【小倉2歳S】レース後の談話

①着アサクサゲンキ(武豊騎手) いいスタートを切れたし、道中の手応えも良かったからね。この感じなら早めに先頭に立っても押し切ってくれると思った。競馬で乗ったのは初めてだけど、一戦ごとに良くなってるみたい。少しヤンチャな面があるのも、伸びシロってことじゃないかな。いい形で夏を締めくくれたし、秋も頑張りたい。

②着アイアンクロー(浜中騎手) 枠なりに勝ち馬を見ながらスムーズに運べたんですけどね。いい内容は残してくれたと思います。

③着バーニングペスカ(川須騎手) “位置取りは気にせず競馬をしてくれ”の指示でした。力む面もあったけど我慢できたし、直線は馬混みのど真ん中から伸びてくれた。力はありますね。

④着ヴァイザー(北村友騎手) 少しテンションは高かったけど、いい位置で流れには乗れてました。ただ、4角から直線に向くところで外の馬にぶつけられてしまって。あの不利が痛かった。

⑤着イイコトズクシ(荻野極騎手) 後ろからの競馬になったけど、コーナーで差を詰めることができた。最後も馬場の悪い内から脚を使ってくれてます。まだ幼さが残る現状を考えれば頑張ってくれました。

⑥着ペイシャルアス(川田騎手) 連闘の影響でしょうね。前に進んでいかなかった。それでも4角から直線にかけて動いてくれたし、いい脚を使ってくれてますよ。

⑦着モズスーパーフレア(松若騎手) いい位置で運べましたが、その後に少し(ハミを)噛んでいました。怖がりな面がある馬なので。

⑧着スーサンドン(和田騎手) ゲート内でトモを落として。外を回らざるを得なくて。最後までよく伸びてくれたし、重賞でも十分やれますよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る