• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【小倉2歳S】レース後の談話

①着アサクサゲンキ(武豊騎手) いいスタートを切れたし、道中の手応えも良かったからね。この感じなら早めに先頭に立っても押し切ってくれると思った。競馬で乗ったのは初めてだけど、一戦ごとに良くなってるみたい。少しヤンチャな面があるのも、伸びシロってことじゃないかな。いい形で夏を締めくくれたし、秋も頑張りたい。

②着アイアンクロー(浜中騎手) 枠なりに勝ち馬を見ながらスムーズに運べたんですけどね。いい内容は残してくれたと思います。

③着バーニングペスカ(川須騎手) “位置取りは気にせず競馬をしてくれ”の指示でした。力む面もあったけど我慢できたし、直線は馬混みのど真ん中から伸びてくれた。力はありますね。

④着ヴァイザー(北村友騎手) 少しテンションは高かったけど、いい位置で流れには乗れてました。ただ、4角から直線に向くところで外の馬にぶつけられてしまって。あの不利が痛かった。

⑤着イイコトズクシ(荻野極騎手) 後ろからの競馬になったけど、コーナーで差を詰めることができた。最後も馬場の悪い内から脚を使ってくれてます。まだ幼さが残る現状を考えれば頑張ってくれました。

⑥着ペイシャルアス(川田騎手) 連闘の影響でしょうね。前に進んでいかなかった。それでも4角から直線にかけて動いてくれたし、いい脚を使ってくれてますよ。

⑦着モズスーパーフレア(松若騎手) いい位置で運べましたが、その後に少し(ハミを)噛んでいました。怖がりな面がある馬なので。

⑧着スーサンドン(和田騎手) ゲート内でトモを落として。外を回らざるを得なくて。最後までよく伸びてくれたし、重賞でも十分やれますよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  7. 7

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る