【セントウルS】ファインニードル前走の鬱憤晴らして本番の主役へ

公開日:

サマースプリントシリーズ王者はラインミーティア

 秋競馬開幕メーンは東西で重賞初制覇が成し遂げられた。

 まず阪神の「サマースプリントシリーズ」最終戦、GⅡセントウルSは1番人気ファインニードルがV。

 本来ならこの勝利が重賞2勝目だったかもしれない。

 というのも、前走の北九州記念は不運な競馬。絶好位でレースを進めたものの、誤算は直線だった。満足にスペースがあかず、追えない格好に。エンジンが掛かったのはゴール直前という不完全燃焼で0秒2差。まともなら……という内容だったからだ。

 それだけに、どうしても負けられなかったセントウルS。今回は残り1F手前では逃げたフィドゥーシアの外に持ち出して、しっかりスペースをつくって押し切った。

 それも最後は流しながら1分7秒5。昨年のビッグアーサーより速い時計での走破だから、他馬に言い訳をさせない。

「いい勝ち方。4角が抜群の手応えで、そこで勝つ気でいたよ」とM・デムーロも絶賛の重賞初Vだった。

 なお、シリーズでは②着でポイント加算に成功したラインミーティアが優勝。逆転で夏のタイトル奪取とまではいかなかったファインだが、大舞台での戴冠が視野に入ってきたか。

 次のスプリンターズSはビッグアーサー、レッドファルクスのGⅠウイナーがぶっつけ。スプリントシリーズ勝ち馬ではエポワスは出走の予定なし。ジューヌエコール、シャイニングレイは故障と相手は手薄だ。

 順調に使っている強みに加えて、勢いも十分。楽しみなGⅠ初挑戦になりそう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る