• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【セントウルS】ファインニードル前走の鬱憤晴らして本番の主役へ

サマースプリントシリーズ王者はラインミーティア

 秋競馬開幕メーンは東西で重賞初制覇が成し遂げられた。

 まず阪神の「サマースプリントシリーズ」最終戦、GⅡセントウルSは1番人気ファインニードルがV。

 本来ならこの勝利が重賞2勝目だったかもしれない。

 というのも、前走の北九州記念は不運な競馬。絶好位でレースを進めたものの、誤算は直線だった。満足にスペースがあかず、追えない格好に。エンジンが掛かったのはゴール直前という不完全燃焼で0秒2差。まともなら……という内容だったからだ。

 それだけに、どうしても負けられなかったセントウルS。今回は残り1F手前では逃げたフィドゥーシアの外に持ち出して、しっかりスペースをつくって押し切った。

 それも最後は流しながら1分7秒5。昨年のビッグアーサーより速い時計での走破だから、他馬に言い訳をさせない。

「いい勝ち方。4角が抜群の手応えで、そこで勝つ気でいたよ」とM・デムーロも絶賛の重賞初Vだった。

 なお、シリーズでは②着でポイント加算に成功したラインミーティアが優勝。逆転で夏のタイトル奪取とまではいかなかったファインだが、大舞台での戴冠が視野に入ってきたか。

 次のスプリンターズSはビッグアーサー、レッドファルクスのGⅠウイナーがぶっつけ。スプリントシリーズ勝ち馬ではエポワスは出走の予定なし。ジューヌエコール、シャイニングレイは故障と相手は手薄だ。

 順調に使っている強みに加えて、勢いも十分。楽しみなGⅠ初挑戦になりそう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る