• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【セントウルS】レース後の談話

①着ファインニードル(M・デムーロ騎手) うれしいです。前走は自信があったんですが、直線でスペースがなくて悔しい思いをしたので。スタートのタイミングは悪かったけど、二の脚が速くて2番手へ。手応えが凄くて、勝つ気でいましたよ。時計も速く、スピード、スタミナがすごくある。次も楽しみです。

②着ラインミーティア(西田騎手) スタートが良くて、⑤着馬を見ながら。ただ、もうワンテンポ仕掛けを遅らせて、ミルコ(M・デムーロ騎手)の後ろをついて行けばよかった。ちょっと下手に乗ったね。でも、返し馬で具合の良さが分かったくらい。ここにきて力をつけているし、完璧じゃない中での②着。本番も楽しみだよ。

③着ダンスディレクター(浜中騎手) 地力は見せてくれました。上位は内をうまく立ち回った馬ですし、その中を外からよく差し込んでくれた。力がありますね。スタートも出てくれましたよ。

④着メラグラーナ(戸崎騎手) これくらい時計が出る馬場の方がいいですね。前走は(直前の雨の影響か)進んでいかなかったから。スムーズについていけて、力を出せました。

⑤着アドマイヤゴッド(北村友騎手) まず、枠が良かったですね。ある程度のポジションで競馬できましたが、出して行かずにあの位置を取れていたら、もっと良かったかな。よく頑張っていますよ。

⑧着スノードラゴン(大野騎手) 時計がこれだけ速いと。追走に余力がなかったですね。ただ、次に向けて、いい走りができたと思います。

⑨着フィドゥーシア(石橋騎手) 外枠がきつかったけど、自分の形には持ち込めました。ただ、直線では“ん!?”という感じで。他馬に来られて気を使っていた感じ。千直を2戦した分、合わなかったのかな。前走よりも体の張りは良く感じたんですが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る