【京成杯AH】グランシルク圧勝で惜敗続きにピリオド

公開日:

サマーマイルも同点で優勝

 終わってみれば、これが初重賞Vとは思えない圧勝だった。

 中山開幕週メーンの京成杯オータムHを勝ったのはグランシルク。道中は中団追走から、直線半ばで逃げたマルターズアポジーをとらえると、あとは後続を離す一方。ゴール前では鞍上の田辺が振り返る余裕すらあったほどだ。

 残した記録も優秀。時計の出やすい馬場とはいえ、勝ち時計の1分31秒6は前10年では日本レコードだった12年に次ぐ速さである。まさに文句のつけようのない内容での重賞初制覇だった。

 思えば3歳時にはNHKマイルCで1番人気に推されたほどの素質馬。それが、前走まで重賞では〈0225〉。特に今年はオープン、重賞で5戦して②③③②②着と、もどかしい競馬が続いていた。それが、この鮮やかな差し切りだ。勝ち味を覚えただけに、さらなる飛躍を期待させる。

 しかも今回の勝利でサマーマイルシリーズのチャンピオン(ウインガニオンと同点優勝)にもなった。

 スプリント路線同様にマイルも絶対的な主役は不在の状況。弾みをつけて、今度はGⅠのタイトル取りに向かう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る