• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【京成杯AH】グランシルク圧勝で惜敗続きにピリオド

サマーマイルも同点で優勝

 終わってみれば、これが初重賞Vとは思えない圧勝だった。

 中山開幕週メーンの京成杯オータムHを勝ったのはグランシルク。道中は中団追走から、直線半ばで逃げたマルターズアポジーをとらえると、あとは後続を離す一方。ゴール前では鞍上の田辺が振り返る余裕すらあったほどだ。

 残した記録も優秀。時計の出やすい馬場とはいえ、勝ち時計の1分31秒6は前10年では日本レコードだった12年に次ぐ速さである。まさに文句のつけようのない内容での重賞初制覇だった。

 思えば3歳時にはNHKマイルCで1番人気に推されたほどの素質馬。それが、前走まで重賞では〈0225〉。特に今年はオープン、重賞で5戦して②③③②②着と、もどかしい競馬が続いていた。それが、この鮮やかな差し切りだ。勝ち味を覚えただけに、さらなる飛躍を期待させる。

 しかも今回の勝利でサマーマイルシリーズのチャンピオン(ウインガニオンと同点優勝)にもなった。

 スプリント路線同様にマイルも絶対的な主役は不在の状況。弾みをつけて、今度はGⅠのタイトル取りに向かう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

もっと見る