【京成杯AH】グランシルク圧勝で惜敗続きにピリオド

公開日:

サマーマイルも同点で優勝

 終わってみれば、これが初重賞Vとは思えない圧勝だった。

 中山開幕週メーンの京成杯オータムHを勝ったのはグランシルク。道中は中団追走から、直線半ばで逃げたマルターズアポジーをとらえると、あとは後続を離す一方。ゴール前では鞍上の田辺が振り返る余裕すらあったほどだ。

 残した記録も優秀。時計の出やすい馬場とはいえ、勝ち時計の1分31秒6は前10年では日本レコードだった12年に次ぐ速さである。まさに文句のつけようのない内容での重賞初制覇だった。

 思えば3歳時にはNHKマイルCで1番人気に推されたほどの素質馬。それが、前走まで重賞では〈0225〉。特に今年はオープン、重賞で5戦して②③③②②着と、もどかしい競馬が続いていた。それが、この鮮やかな差し切りだ。勝ち味を覚えただけに、さらなる飛躍を期待させる。

 しかも今回の勝利でサマーマイルシリーズのチャンピオン(ウインガニオンと同点優勝)にもなった。

 スプリント路線同様にマイルも絶対的な主役は不在の状況。弾みをつけて、今度はGⅠのタイトル取りに向かう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

もっと見る