【京成杯AH】レース後の談話

公開日:

①着グランシルク(田辺騎手) 初めての騎乗でしたが、ハナに行く馬、それを追いかける馬という形は分かってたので、競馬はしやすかったですね。これまでのレースを見て、追い出しがモタモタするって印象だったので、早めに動かしていきました。それでも最後までしっかり脚を使ってくれましたね。

②着ガリバルディ(北村宏騎手) テンに促していきましたが、大跳びなのであの位置からに。いったんブレーキがかかると再加速に時間がかかりそうなんで、その点に気を付けて乗りました。先に動いた勝ち馬を追いかける形で、最後までよく伸びてます。

③着ダノンリバティ(松若騎手) テンにもう少し出していきたかったんですが、ペースが速くてあの位置からに。直線は外からプレッシャーを受ける形でしたが、しっかり反応してくれました。よく頑張ってます。

④着マルターズアポジー(武士沢騎手) 本来はもっとダッシュのいい馬。きょうは58キロを背負っていた分、テンの行き脚が重々しく感じましたね。ま、このハンデ、この時計で④着ならよく走ってます。ダメージがなければ、次は巻き返せると思いますよ。

⑤着トーセンデューク(三浦騎手) 欲を言えばもう少しペースが遅くなってほしかった。そうすれば、もっといいポジションを取れたと思うので。道中からいいコンタクトで運べたし、直線は1頭分の狭いあいだをよく伸びてくれました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る