• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【京成杯AH】レース後の談話

①着グランシルク(田辺騎手) 初めての騎乗でしたが、ハナに行く馬、それを追いかける馬という形は分かってたので、競馬はしやすかったですね。これまでのレースを見て、追い出しがモタモタするって印象だったので、早めに動かしていきました。それでも最後までしっかり脚を使ってくれましたね。

②着ガリバルディ(北村宏騎手) テンに促していきましたが、大跳びなのであの位置からに。いったんブレーキがかかると再加速に時間がかかりそうなんで、その点に気を付けて乗りました。先に動いた勝ち馬を追いかける形で、最後までよく伸びてます。

③着ダノンリバティ(松若騎手) テンにもう少し出していきたかったんですが、ペースが速くてあの位置からに。直線は外からプレッシャーを受ける形でしたが、しっかり反応してくれました。よく頑張ってます。

④着マルターズアポジー(武士沢騎手) 本来はもっとダッシュのいい馬。きょうは58キロを背負っていた分、テンの行き脚が重々しく感じましたね。ま、このハンデ、この時計で④着ならよく走ってます。ダメージがなければ、次は巻き返せると思いますよ。

⑤着トーセンデューク(三浦騎手) 欲を言えばもう少しペースが遅くなってほしかった。そうすれば、もっといいポジションを取れたと思うので。道中からいいコンタクトで運べたし、直線は1頭分の狭いあいだをよく伸びてくれました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る