【京成杯AH】レース後の談話

公開日:

①着グランシルク(田辺騎手) 初めての騎乗でしたが、ハナに行く馬、それを追いかける馬という形は分かってたので、競馬はしやすかったですね。これまでのレースを見て、追い出しがモタモタするって印象だったので、早めに動かしていきました。それでも最後までしっかり脚を使ってくれましたね。

②着ガリバルディ(北村宏騎手) テンに促していきましたが、大跳びなのであの位置からに。いったんブレーキがかかると再加速に時間がかかりそうなんで、その点に気を付けて乗りました。先に動いた勝ち馬を追いかける形で、最後までよく伸びてます。

③着ダノンリバティ(松若騎手) テンにもう少し出していきたかったんですが、ペースが速くてあの位置からに。直線は外からプレッシャーを受ける形でしたが、しっかり反応してくれました。よく頑張ってます。

④着マルターズアポジー(武士沢騎手) 本来はもっとダッシュのいい馬。きょうは58キロを背負っていた分、テンの行き脚が重々しく感じましたね。ま、このハンデ、この時計で④着ならよく走ってます。ダメージがなければ、次は巻き返せると思いますよ。

⑤着トーセンデューク(三浦騎手) 欲を言えばもう少しペースが遅くなってほしかった。そうすれば、もっといいポジションを取れたと思うので。道中からいいコンタクトで運べたし、直線は1頭分の狭いあいだをよく伸びてくれました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る