• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【セントライト記念】ミッキースワロー夏を越して成長明らか

菊沢師が自ら手綱を取った(右)(C)日刊ゲンダイ

鞍上の指示待つ余裕

 美浦のミッキースワローはウッドで併せ馬。5Fでは先行していたが、4Fでは相手を先に行かせて直線では内へ。仕掛けられると一気に伸びて1馬身先着の5F67秒7―39秒1、1F12秒8。道中は鞍上の指示を待つ余裕があり、リラックスした走りには成長が感じられた。「上がってきたときはケロ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事