• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ローズS 春の“善戦娘”リスグラシューが巻き返す  

 今週は東西で3歳最後の1冠へのTR。春のGI馬も登場して、決戦の足音が近づいてきますね。ワクワクが止まりません。特にローズSは創設当初のメジロラモーヌ、マックスビューティから近年にはジェンティルドンナと勝ち馬には名牝がズラリ。②③着馬にも後のGI馬が並ぶ豪華な一戦となっています。

 長らく2000メートルで行われていたこのローズSが、1800メートルへと短縮されたのは10年前。その“初代”優勝馬が、ダイワスカーレットでした。ウオッカを抑えて桜花賞を制したスカーレットは、ここがそれ以来の実戦。が、スピードの違いでじんわり先頭に立つと、直線でも気合をつけるだけで後続を封じたのです。速い上に容姿端麗だったスカーレット。まさに「快足の美少女」と呼ぶにふさわしい、鮮やかな逃げ切りでした。

 その後の大活躍はご存じの通り。最後のレースとなった有馬記念を目の前で見られたのは、ボクの宝物です。ホントに美しい逃走劇だったなぁ。

 生涯全戦(12戦)連対は、JRAにおける牝馬の最高記録として輝いています。

 ソウルスターリングが天皇賞(秋)へ向かうと表明し、秋華賞戦線は混戦模様。春は“善戦娘”に終わったリスグラシューの巻き返しにかけましょうか。モズカッチャンやレーヌミノルも虎視眈々、穴っぽいところではブラックスビーチ。◎1頭軸の3連単でいきましょうか。 (俳優)

 ◎リスグラシュー  
 ○モズカッチャン  
 ▲レーヌミノル   
 ☆ブラックスビーチ 
 △ハローユニコーン 
 △ファンディーナ  

【3連単フォーメーション】
▼⑥→②⑧⑩⑬⑰→②⑧⑩⑬⑰
▼②⑧⑩→⑥→②⑧⑩⑬⑰
▼②⑧⑩→②⑧⑩⑬⑰→⑥
 計44点

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る