• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【セントライト記念】新星ミッキースワローが差し切る

 きのう行われたGⅡセントライト記念は、2番人気のミッキースワローがゴール前で1番人気のアルアインをかわして重賞初制覇。③着に3番人気サトノクロニクルが入り、人気馬が上位を独占した。

 道中は好位を追走する皐月賞馬の直後をぴったりとマーク。じっくりと脚をためて、直線で外へと持ち出す。いったんはアルアインが抜け出したが、坂を駆け上がってからが圧巻の走り。アッという間にGⅠ馬をかわして、ゴールでは1馬身4分の3差つけたのだから恐れ入る。本番が楽しみになる勝ちっぷりだった。

 ②着アルアインも勝ち馬の切れ味に屈したとはいえ、プラス10キロと余裕残しの馬体。次につながる内容だったといえる。

①着ミッキースワロー(横山典騎手)
 だいぶしっかりしてきたようだね。アルアインに並んだら“いいとこかな”と思ったら、簡単にかわしたんでびっくりしたよ。ゲート入りを渋ったし、出もイマイチだったんだけど、その後、うまく馬の後ろに入れられたのもよかった。厩舎サイドからは秋に良くなると言われていたから、菊花賞が楽しみだよ。

②着アルアイン(ルメール騎手)
 乗りやすい馬だね。道中はリラックスして走って、最後も頑張ってくれたけど、きょうは休み明けでまだ100%じゃないからね。反応も100%じゃなかった。そのあたり、次はもっと良くなってくると思う。

③着サトノクロニクル(M・デムーロ騎手)
 4コーナーでは入る間隔があったんだけど、すぐに閉まって。直線もスペースがなかったね。スムーズだったら勝ったとは言わないけど、②着はあったんじゃないかな。ついてなかったよ。

④着スティッフェリオ(北村友騎手)
 もう少し内で競馬をするイメージだったんですけどね。この枠(15番)だったので、どうやったら上位に来れるかと考え、出していって競馬をしました。最後までよく頑張ってくれましたよ。ここにきて成長してる感じでした。

⑤着プラチナヴォイス(内田騎手)
 ゲートの中で待たされて消耗してしまったよ。力を出し切れずにかわいそうだった。それでもここまで来るんだから力はある。走る馬だよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事