• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【神戸新聞杯】ベストアプローチ1F11秒7で5馬身先着

豪快に切れたベストアプローチ(C)日刊ゲンダイ

 菊花賞トライアルの神戸新聞杯組も追い切った馬はわずか。

 ダービー⑨着以来となるベストアプローチはCウッドで6F84秒5―39秒6、1F11秒7。直線は内から併走相手を一気に突き放して5馬身先着でフィニッシュした。ひと回り大きくなった馬体はひと夏を…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事