【神戸新聞杯】レース後の談話

公開日:

①着レイデオロ(ルメール騎手) スタートが速くてびっくり。スタミナがあるし、道中も息が入ってました。最後もよく伸びて楽に勝てました。返し馬も乗りやすく、リラックスして走れた。春より頭が良くなったと思います。ジャパンCは秋のメインターゲット。今回はコンディションが100%じゃなかったし、馬も良くなってくると思う。楽しみですね。

②着キセキ(M・デムーロ騎手) 折り合いがついて運べたけど、スムーズな競馬ができなかったね。狭いところを走らされたし、最後もジリジリとした感じになって、いつものように切れなかった。この馬は勝った時のように、ヨーイ・ドンの競馬が合っていますね。

③着サトノアーサー(川田騎手) 前半は今までで一番、ついていくことができました。多少は力む面があったけど、それもすぐに落ち着いてくれたしね。次に向けて内容のあるレースをしてくれたと思います。

④着ダンビュライト(武豊騎手) 1~2角で少し力んだところはあったけど、やりたいレースはできましたから。ただ、上位には完敗でしたね。

⑤着アドマイヤウイナー(秋山騎手) もう1列前で競馬がしたかったけど、外枠でしたからね。ええ、内枠だったら結果も違ったと思います。③着とはそんなに差がなかっただけに、権利を取れなくて残念です。

⑥着ベストアプローチ(岩田騎手) 休み明けでしたがリラックスして走れた。直線はスペースもあったけど、そこでジリジリ。あそこをグッと突っ込んでいけるようになるといいんだけど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る