【オールカマー】テン乗り北村宏ルージュバックの新たな一面を引き出す

公開日:

 これまでのイメージを一新させる勝利だった。中山で行われたGⅡオールカマーは、5番人気ルージュバックがうれしい重賞4勝目を飾った。

 いままでは、後方から大外一気。上がり最速の末脚で牡馬をなで斬る――。これが彼女の確立していたスタイルだ。

 それが、この日はスタートを決めて、好位4番手の内で脚をためる正攻法の競馬。前半5F63秒1という遅い展開にも助けられたが、4角で他馬と接触しながらも、最内をグイグイと加速して差し切り勝ち。以前とは全く違う一面を見せた。

 というのも、脚力そのものは牡馬相手でも通用するが、実は“女の子らしい”優しい性格が邪魔をしていた。2走前(金鯱賞⑧着)のように積極的なレースをすると、周りを気にして結果が伴わない経緯があった。

 もちろん、代打騎乗となった北村宏のファインプレーもあっただろう。だが、今回の勝利は馬そのものの成長が大きい。450キロ台の馬体はデビューから変わらないが、年を重ねるごとに丸みを帯びて、芯が入ってきたように映る。

 母ジンジャーパンチは4歳夏に米国で初GⅠ勝ちを決めると、5歳時にGⅠを3勝して、引退までに積み上げたビッグタイトルは「6」という晩成型。父マンハッタンカフェも奥手だったことを加味すれば、5歳秋を迎えてルージュバックもようやく本格化といったところか。

 馬主「キャロットファーム」の規定で6歳の3月までに繁殖入り。引退まで、あと6カ月しかない。次走はGⅠエリザベス女王杯。9度目の挑戦で悲願のビッグタイトルを目指す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る