【オールカマー】テン乗り北村宏ルージュバックの新たな一面を引き出す

公開日:

 これまでのイメージを一新させる勝利だった。中山で行われたGⅡオールカマーは、5番人気ルージュバックがうれしい重賞4勝目を飾った。

 いままでは、後方から大外一気。上がり最速の末脚で牡馬をなで斬る――。これが彼女の確立していたスタイルだ。

 それが、この日はスタートを決めて、好位4番手の内で脚をためる正攻法の競馬。前半5F63秒1という遅い展開にも助けられたが、4角で他馬と接触しながらも、最内をグイグイと加速して差し切り勝ち。以前とは全く違う一面を見せた。

 というのも、脚力そのものは牡馬相手でも通用するが、実は“女の子らしい”優しい性格が邪魔をしていた。2走前(金鯱賞⑧着)のように積極的なレースをすると、周りを気にして結果が伴わない経緯があった。

 もちろん、代打騎乗となった北村宏のファインプレーもあっただろう。だが、今回の勝利は馬そのものの成長が大きい。450キロ台の馬体はデビューから変わらないが、年を重ねるごとに丸みを帯びて、芯が入ってきたように映る。

 母ジンジャーパンチは4歳夏に米国で初GⅠ勝ちを決めると、5歳時にGⅠを3勝して、引退までに積み上げたビッグタイトルは「6」という晩成型。父マンハッタンカフェも奥手だったことを加味すれば、5歳秋を迎えてルージュバックもようやく本格化といったところか。

 馬主「キャロットファーム」の規定で6歳の3月までに繁殖入り。引退まで、あと6カ月しかない。次走はGⅠエリザベス女王杯。9度目の挑戦で悲願のビッグタイトルを目指す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る