• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【スプリンターズS】黄色帽子に要注意

 シルクロードS=ダンスディレクター、オーシャンS=メラグラーナ、北九州記念=ダイアナヘイロー、セントウルS=ファインニードル。いずれもスプリンターズSに駒を進めてきた今年の芝千二の重賞勝ち馬だ。

 実は他にも共通点がある。全て黄色い帽子、すなわち5枠だった――。

 今年はキーンランドCでもナックビーナスが③着と、ここまでわずか8鞍しかないスプリント重賞(世代限定戦は除く)で5枠の成績が突出している。

 枠別の成績は以下の通り。
   ①②③外 連対率
 1枠01011・083
 2枠0129・083
 3枠11011・154
 4枠11212・125
 5枠40111・250
 6枠21112・188
 7枠03016・158
 8枠00217・000
 こうやってみると、5枠からの“余波”なのか3、4、6枠からは勝ち馬が出ているが、内、外はゼロ。頭からは狙えない!?

 この傾向、実は昨年の裏返し。というのも、昨年は3~5枠の勝ち馬がゼロで、1枠3勝、2枠1勝、6~8枠が2勝ずつ(全部で10鞍)だった。

 今年のスプリント路線で黄色い帽子は要注意。逆に内、外の極端な枠は割り引いた方がいいかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

もっと見る