【スプリンターズS】レッドファルクス史上3頭目の連覇

公開日:

次元の違う末脚で混戦の短距離界を統一

 役者が違っていたということだろう。

 日曜に行われたGⅠスプリンターズSは昨年の覇者レッドファルクスが、サクラバクシンオー、ロードカナロアに続く、史上3頭目となる連覇を決めた。

 単勝1番人気ながらもオッズは3・2倍と突き抜けた数字ではなかったように、戦前から混戦模様と言われていた。しかし、レースは“1強時代到来”を感じさせる圧巻のものだった。

 この日の芝は逃げ、先行馬が止まりにくく、そして内側を通った馬が圧倒的に有利なコンディション。直前の10R勝浦特別(一千万条件)も同じ千二で前半3F33秒4、勝ち時計は1分7秒8で2番手の馬が②着に粘っていた。

 スプリンターズSは前半33秒9と10Rよりも遅い流れに。②~④着は逃げ、インを走った馬が占めた。そんな中、レッドは3角で11番手の外側を追走。直線入り口では外からフタをされる場面もあり、二重苦、三重苦の展開を強いられた。

 だが、そこからがこの馬の真骨頂。馬場の七分どころで進路を確保すると、ラスト1Fで前と約7馬身もあった絶望的な差を、1頭だけ次元の違う末脚で差し切り。推定1F10秒3の瞬発力で、全ての苦難をはねのけてみせた。

 力の違いを見せつけるには十分すぎるパフォーマンス。勝ちタイムの1分7秒6は昨年と同じ、②着とは首差でも、着差以上に強い内容だったといえよう。

 GⅠ初制覇だった前年から1年を経て、さらにパワーアップ。4年前にロードカナロアが引退して以降、空位となっていた“真のスプリント王”の座に就いた。

「大目標は来年の高松宮記念です。今年1番人気で③着だったのでリベンジしたい」とは尾関師。
 
 短距離馬は消耗が激しく、短命の馬も多いが、この馬は6歳ながら今回でまだ23戦目。長期政権の期待もできる、そんな勝利だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る