【スプリンターズS】レッドファルクス史上3頭目の連覇

公開日: 更新日:

次元の違う末脚で混戦の短距離界を統一

 役者が違っていたということだろう。

 日曜に行われたGⅠスプリンターズSは昨年の覇者レッドファルクスが、サクラバクシンオー、ロードカナロアに続く、史上3頭目となる連覇を決めた。

 単勝1番人気ながらもオッズは3・2倍と突き抜けた数字ではなかったように、戦前から混戦模様と言われていた。しかし、レースは“1強時代到来”を感じさせる圧巻のものだった。

 この日の芝は逃げ、先行馬が止まりにくく、そして内側を通った馬が圧倒的に有利なコンディション。直前の10R勝浦特別(一千万条件)も同じ千二で前半3F33秒4、勝ち時計は1分7秒8で2番手の馬が②着に粘っていた。

 スプリンターズSは前半33秒9と10Rよりも遅い流れに。②~④着は逃げ、インを走った馬が占めた。そんな中、レッドは3角で11番手の外側を追走。直線入り口では外からフタをされる場面もあり、二重苦、三重苦の展開を強いられた。

 だが、そこからがこの馬の真骨頂。馬場の七分どころで進路を確保すると、ラスト1Fで前と約7馬身もあった絶望的な差を、1頭だけ次元の違う末脚で差し切り。推定1F10秒3の瞬発力で、全ての苦難をはねのけてみせた。

 力の違いを見せつけるには十分すぎるパフォーマンス。勝ちタイムの1分7秒6は昨年と同じ、②着とは首差でも、着差以上に強い内容だったといえよう。

 GⅠ初制覇だった前年から1年を経て、さらにパワーアップ。4年前にロードカナロアが引退して以降、空位となっていた“真のスプリント王”の座に就いた。

「大目標は来年の高松宮記念です。今年1番人気で③着だったのでリベンジしたい」とは尾関師。
 
 短距離馬は消耗が激しく、短命の馬も多いが、この馬は6歳ながら今回でまだ23戦目。長期政権の期待もできる、そんな勝利だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

もっと見る