【京都大賞典】武豊 スマートレイアーが差し切る

公開日:

 きのう行われた京都大賞典は4番人気スマートレイアーがゴール寸前でトーセンバジルをかわしてV。10年メイショウベルーガ以来、7年ぶりに牝馬が制した。

 道中は中団やや後ろのポジション。坂の下りでシュヴァルグランの手が動いたように、勝負どころから一気にペースが上がった。それでも、慌てることなく、ジッと我慢して直線勝負。迷わず内に進路を取り、あいたスペースを狙って伸びてきた。

 スマートはこれで重賞4勝目をマーク。7歳を迎えて衰えどころか、勢いを増すばかり。悲願のGⅠ制覇に向けて見通しは明るい。

“さすが”の騎乗を見せた武豊は87年トウカイローマンから数えて、京都大賞典9勝目。JRAにおける同一重賞最多勝利記録を更新した。

①着スマートレイアー(武豊騎手)
 レース前からいろいろなパターンを想定していましたが、ゲートを出た動きであの位置から。ためにためていたので、ラストはいい脚を使ってくれましたね。直線半ばでは“進路さえあれば”と。もう7歳馬だし、今年がラストチャンスという気持ちでこの秋は臨んでいます。次もいい結果が出せるよう頑張りたい。

(大久保調教師)
 エリザベス女王杯を考えてここから始動させました。そういう意味でも最高の結果だし、本番へマイナス材料のない走りをしてくれました。GⅢ、GⅡは勝っているので、GⅠを取らせてあげたい。

②着トーセンバジル(岩田騎手)
 もうちょっとだったな。(スプリンターズS②着の)レッツゴードンキと同じ結果になってしまった。でも、一発狙ったレースができたことは収穫だし、1度使ったことで馬も良くなっていたよ。

③着シュヴァルグラン(M・デムーロ騎手)
 3角からジリジリと押し上げていって、手応えが凄くいいんで、4角では少し追い出しを待ったんだ。でも、前の馬がフラフラして、外に動かされた。周りに馬がいなくてフワフワと。結果的に、あそこで一気に動いていけばよかったかも。

④着ミッキーロケット(和田騎手)
 いい位置につけて運べたんだけどね。もう少しペースが速くなってくれればよかったかな。ヨーイドンの競馬で少し切れ負けした。次も落ち着いてレースに臨めるといいけどね。

⑤着レコンダイト(北村友騎手)
 追い切りでは少しモタモタしてるように感じたし、どうかなって思ってました。プレッシャーのかからない位置で運べたとはいえ、最後はいい脚を使ってくれました。

⑬着サウンズオブアース(藤岡調教師)
 調教もやり過ぎてなかったし、調子は決して悪くなかったと思う。ただ、この馬の走りができなかった。急に暑くなったせいもあるのかな……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る