【秋華賞】ルメール・ディアドラが戴冠

公開日:

名伯楽の深謀遠慮に応えた3歳牝馬離れのタフネス

 きのうの京都で行われた牝馬3冠最後の一戦、秋華賞を制したのはディアドラだった。

 レースは前半5F通過が59秒1。重馬場としては流れた中、ルメール・ディアドラは後方3番手からの追走に。

 見事な手綱さばきを見せたのが3角過ぎから。内へと進路を取ってロスを抑えながら、スルスルとショートカット。4角では射程圏にとらえて、最後は先に抜け出していたモズカッチャン、リスグラシューの外へと切り替え。ゴールではきっちり差し切ってみせた。

 もちろん、さすがは大一番でのルメールだったが、ディアドラ自身も凄いタフさ、さらに陣営の“深謀遠慮”も。

 春のオークスまでに実に11戦を消化。その中、桜花賞では⑥着、中1週のオークスでは④着と善戦していたように、能力と同時に、とにかく3歳牝馬らしからぬタフネスさを見せていた。

 だからこそ、過去にサイレンススズカなどを手掛けた名伯楽・橋田師も、最後の1冠取りへ策を講じることができた。

 夏はフル休養はさせずに8月の札幌の一千万から始動。それも舞台は本番と同じコーナー4つの二千メートル戦をチョイス。さらに、トライアルも王道ローテともいえる阪神外回り千八のローズSではなく、あくまでも「(本番と同じ)二千メートルにこだわって使いました」と橋田師で、中山の紫苑Sへあえて遠征した。

 前2走がともに二千メートルというのは出走馬でもこの一頭だけ。この3冠最終戦だけを見据えて狙いに狙っていたのだ。

 それにディアドラ自身もしっかり応えた。

 紫苑Sでは中山までの輸送がありながら、プラス12㌔。本番でもさらにプラス12㌔と、自己最高馬体重にまでパワーアップして戴冠。まさに陣営の思いと馬のタフさが噛みあった最後の1冠取りだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る