【秋華賞】レース後の談話

公開日:

①着ディアドラ(ルメール騎手) ごっつあんです(笑い)。素晴らしい馬です。今回はトップコンディションでした。スタートが遅く、いい位置で乗ることが無理で心配した。でも、ペースが速くて、内のショートコースを回れた。最後は凄い脚を使ってくれました。調教に乗って、とてもいい馬だと思い、返し馬でトップコンディションと分かった。いっぱい自信はありました。

(橋田調教師) 少々の重馬場はこなすので、心配していませんでした。ルメールさんが上手でした。秋は秋華賞に絞り、小回りの二千メートルに対応させるローテで。コーナー4つはオークスしか経験していなかったですからね。凄くタフで、レース、調教を重ねるごとにプラスの面をつくっていくことができた。春より落ち着いていたのも大きい。状態を見てエリザベス女王杯に向かいたい。

②着リスグラシュー(武豊騎手) 惜しいね。不利なくこの馬のレースができたし、スタートの悪さもリカバーできたんだけど。運ですかねえ。

③着モズカッチャン(M
・デムーロ騎手) 1~2角のあいだに右前を落鉄していました。2角で“蹄鉄がない”と気づいて。右手前の時に気を使っていました。それでも一生懸命走ってくれて凄く頑張ってくれました。

④着ラビットラン(和田騎手) 向正面に入ったら急に手応えが怪しくなってしまった。それが馬場なのか、(馬群の)中に入れたことが原因なのかは分からない。最後は伸びているし、そう負けていないんだけど……。

⑤着カワキタエンカ(北村友騎手) 思っている以上に一生懸命走ってしまいますね。それでも、イメージしてた競馬ができたし、最後までよく踏ん張ってくれてますよ。

⑦着アエロリット(横山典騎手) 頑張ったよ。距離とか馬場はどの馬も同じ条件だからね。返し馬の雰囲気は良かった。ま、女の子で、初めてのことが多かったから。大して負けていないし、いい経験になった。

⑬着ファンディーナ(岩田騎手) 全然、反応してくれなかった。馬場が影響したのか、ペースが速くなったところからグッとくるところがありませんでした。

⑭着レーヌミノル(池添騎手) 状態面は桜花賞以上と感じるぐらいだったんです。このデキで距離も克服と思ったんですが、4角手前で反応がなくなってしまって。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る