【菊花賞】デム・ルメの長距離成績は

公開日:

 現在、芝三千メートル以上のマラソンレースは万葉S、ダイヤモンドS、阪神大賞典、天皇賞・春、菊花賞、ステイヤーズSの6鞍のみ。

 そんな数少ない条件でも勝ち鞍が多いのは武豊だ。通算29勝は現役ではもちろんトップ。キタサンブラックでの春の盾連覇だけでなく、15年は万葉Sに勝利。目下、3年連続で三千メートル超で勝ち鞍を挙げている唯一のジョッキーだ。

 2位が横山典の10勝。こちらも天皇賞春3勝、ステイヤーズS5勝の名手。ダンビュライト、ミッキースワローにとっては心強い。

 では、“デム・ルメ”はどうか。

 ルメールは昨年、サトノダイヤモンドとのコンビで菊花賞勝ち。今年は阪神大賞典も制した。通算で三千メートル超は〈3136〉。半数以上は馬券圏内に持ってきている。

 対して、M・デムーロは長距離での成績がもうひとつ。これまで17回の騎乗で〈10313〉。勝ったのは1番人気ダイタクバートラムの04年ステイヤーズS(写真)だけ。03年菊花賞ではネオユニヴァースで3冠をかけて挑んだが、③着に敗れた。

 千二のGⅠで〈3014〉なのとは何とも対照的。果たして、今回のキセキは。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る