【菊花賞】レース後の談話

公開日:

①着キセキ(M・デムーロ騎手) うれしい! 能力は高いと思って、自信を持っていました。テンションが高いので三千メートルで折り合い、気持ちを大事に。ノリさん(横山典騎手=ミッキースワロー)の後ろでスムーズでしたね。直線を向いて、“勝てる”自信がありました。クラシック完全制覇ができて、難しい京都の三千メートルを勝ててうれしい。

角居調教師 背腰がしっかりしたことが、春から一番変わったところ。1番人気に支持されて、何とか応えたことが“キセキ”かな(笑い)。ストライドの大きな馬でこの馬場は滑るかなと。でも、後ろ脚のパワーがあることでこなしてくれた。お父さんのルーラーシップは国内GⅠを勝てなかったのでうれしいです。

②着クリンチャー(藤岡佑騎手) タフな条件の中で、外を回りながら押し上げて4角先頭の競馬ですからね。状態が良ければこれだけのパフォーマンスができることを証明してくれました。ここまできたら勝ちたかったし、悔しさもありますが、きょうの競馬は今後につながるはずです。

③着ポポカテペトル(和田騎手) 思った以上に道悪が上手。周りは進んでいかないのに、オレのは引っ掛かり通しで進みすぎたくらい。長丁場、道悪は合ってるし、今後もこんな条件なら楽しみはあるよ。

④着マイネルヴンシュ(柴田大騎手) 道中は周りを気にしてハミを取ってくれなかった。それでも最後はしっかり脚を使ってくれたし、これからが楽しみになる走りはしてくれたと思います。

⑤着ダンビュライト(武豊騎手) やりたいレース、形はできたかな。ただ、ラストで力尽きて。1周目に少し力んでいたことが最後にこたえた感じでしたね。

⑥着ミッキースワロー(横山典騎手) すごい馬場だった。そんな中でも馬はよく頑張ってくれたと思うよ。

⑦着アルアイン(ルメール騎手) ズッととてもいい感じ。ダンビュライトの後ろでいいポジションで運べました。ただ、(外を回らされ)四千メートル走らされました。その分、最後に疲れてしまいました。

⑩着サトノクロニクル(福永騎手) ノメったねえ。返し馬もよくて、こんな馬場も大丈夫だろうと期待したんだけど、コーナーに入るくらいからノメってしまって。

⑬着ベストアプローチ(岩田騎手) 4、5番手の外めにつけるのは指示通り。メンコを外したことで道中の反応も良くなってたけど、追い出してからきつくなった。

⑮着トリコロールブルー(戸崎騎手) 馬場は大丈夫でした。距離の方もいいかと思ったんですが長い感じでした。

⑯着ウインガナドル(津村騎手) マイスタイルに外から来られた時ハミを噛んでしまった。ああなると逃げ馬は厳しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  7. 7

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

もっと見る