【天皇賞】レース後の談話

公開日:

①着キタサンブラック(武豊騎手) パドックでまたがったとき、活気に満ちた歩様をしていて状態の良さを感じましたね。返し馬でもきょうは特殊な馬場なので走り方をチェックして、こなせるな、と。ゲートで突進してあの位置になったけど、大事なのはポジションではなく、リズムさえ守ればと思ってました。実際、道中の走りもすごく良かったです。最後も②着馬の足音は聞こえてましたが、来ればまた伸びるので押し切ってくれると思っていましたよ。

②着サトノクラウン(M・デムーロ騎手) こういう馬場は決してうまくはないけど、他馬はもっと苦にしたと思う。最後までよく頑張ってくれたが、キタサンは止まってくれなかったよ。

③着レインボーライン(岩田騎手) 直線で一瞬グッときた時はやったかと思ったけどね。道中は馬群の内めをうまく立ち回れたし、道悪も上手に走れていたよ。力を出し切れたね。

④着リアルスティール(シュミノー騎手) 強いて挙げればゲートが良すぎたことかな。テンに力んで力を使ってしまった。直線は伸びてないように見えたかもしれないけど、しっかり伸びていたよ。負けて強しの内容だったと思う。良馬場なら、はじけていたんじゃないかな。

⑤着マカヒキ(内田騎手) スタートは出たけど、この馬場だし押して行くとバランスを崩してしまいそうだったんで。それであの位置からになったんだ。4角前でペースが上がった時もリズムを重視して押し出しは直線に入ってから。いい伸びだった。それにしてもキタサンはこの馬場でもスイスイ進んでいたね。

⑥着ソウルスターリング(ルメール騎手) レースがスムーズじゃなかったね。それに①②着は内から。この馬は外からでかなりの距離ロスがあったよ。道悪は大丈夫だったんで、スムーズなら③着くらいはあったんじゃないかな。

⑦着ディサイファ(柴山騎手) もう少し前につけるイメージでいたんだけど、後ろを蹴った時にゲートが開いてしまいあの位置に。悔しいけどよく頑張ったよ。

⑧着サクラアンプルール(蛯名騎手) 道悪は得意じゃないね。バランスを崩さないように、がっちりハミをかけて乗らなければならなかったよ。直線は馬場のいいところを選んで押し出したんだけどね。きょうはこんな馬場で内枠を生かせかったな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る